京都 百万遍から三条へ

「哲学の道」の散策を終え、銀閣寺そばからバスに乗ると、sanaが百万遍のそばに不思議なでっかい石があると言う
「百万遍」の名は交差点の北東に位置する、知恩寺の通称「百万遍」に由来する
元弘元年(1331年)に疫病が大流行したときに、知恩寺の八世善阿空円上人が百万遍念仏を唱えたところ疫病が収まり、後醍醐天皇から百万遍という号を賜ったと伝えられている

正式な地名ではないが、交差点の周辺の地域も「百万遍」と呼ばれる。

バスの移動時に、一瞬だけその姿を確認出来た、なんともでっかい御地蔵様であった
IMG_0368_R.jpg
北白川の子安観世音と言うらしい、「百万遍ちゃうで、北白川やん」と言ったら
sanaに、「うちにしてみるとこの辺はまとめて百万遍なんやけど...」と言われた
今出川通を斜めに横切る志賀越道の入り口に立つ高さ約二メートルの巨大な石仏。
北白川の顔として地元住民だけでなく、広く市民に親しまれている。
子安観世音は、鎌倉時代中期ごろの作とされる。
いくつかあるエピソードの中でも、豊臣秀吉を負かしたことで有名だ。
それよりも、後ろのマンション、よくもまあ、このでっかい石に密接して建てることが出来たね、と感心する
(いやあのさ、足場とかどうしたんだろうね?)
IMG_0372_R.jpg
賀茂川デルタを越える頃、一つの考えが二人に浮んだ、「出町ふたば」に行きたい!(混んでなければ)
混んでるお店をわざわざ並ぶのは嫌い!!という、共通点を持つ二人であった
IMG_0375_R.jpg
前回混んでて寄れなかった、超有名店「出町ふたば」、バスから空いてるのを確認して途中下車する
IMG_0374_R.jpg
こんなに空いているのは、珍しい!ラッキー
IMG_0377_R.jpg
IMG_0378_R.jpg
いろんな大賞を頂いているお店
IMG_0379_R.jpg
すぐ裏手で作っているのを見ながら選べる
IMG_0380_R.jpg
一番の名物は名代豆餅!お赤飯も美味しい!
IMG_0381_R.jpg
品目は極端に多くは無いが、当日生産当日消費を旨としているのでこれで良いのだ
IMG_0512_R.jpg
裏メニュー「福豆餅」店頭には並ばず、存在を知る人にのみ販売される限定版!メチャウマ!
IMG_0726_R.jpg
お店の方からは、当日中に消費することを守るように念を押して言われる
味が落ちる前に食べて欲しいと言う願いだそうだ
IMG_0727_R.jpg
【二葉葵・双葉葵とも言う】ウマノスズクサ科の多年草
山中の木陰に生え,茎は地をはい先端に二葉をつける
葉は帯紫色の長い柄につき、ほぼ心臓(ハート)形
五月頃,葉間に淡紅紫色の花を一個つける
京都賀茂神社の神紋とされ、徳川家・松平家も家紋としてこれを用いた 
賀茂葵 葵草
二つの賀茂神社、 「下賀茂神社」「上賀茂神社」是非行って欲しい所だ
IMG_0384_R.jpg
近くの御所に歩く
IMG_0386_R.jpg
同志社女子大
IMG_0389_R.jpg
今出川御門(いまでがわ)
IMG_0388_R.jpg
出入りヶ所が多いので、少しずつの散策も出来る御所
IMG_0391_R.jpg
同志社大学は相当広い、京都は大学が多い事でも有名である(あと、病院も日本一多い)
IMG_0392_R.jpg
今出川駅から、地下鉄に乗る
IMG_0393_R.jpg
烏丸御池(からすまおいけ)で下車
京都の自転車は、ほんまに引かれそうになる(引かれて死ぬのは関東人限定らしい)
IMG_0394_R.jpg
新築のマンションなどでは、鍾馗(しょうき)さんは足元にいたりする
しょうきさんは、通常、屋根の上にいらっしゃる
IMG_0396_R.jpg
修理屋「栄輪」
京都は自転車王国
IMG_0397_R.jpg
御池通(おいけ)沿い、油小路通(あぶらのこうじ)手前の一角
IMG_0402_R.jpg
お蕎麦屋さん「京吉美」
IMG_0401_R.jpg
オーソドックスでシンプルなお蕎麦屋さんの内装
IMG_0399_R.jpg
メニュー4つ目に注目!京風たぬき定食を注文する
IMG_0400_R.jpg
これが、たぬきそば!
京都でたぬきと言えば、餡かけに刻み油揚げと生姜のせが普通である(関東人はびっくりするらしい)
IMG_0418_R.jpg
しばし散策し、「小山園」にてお茶をする、外見は和風だが
IMG_0409_R.jpg
店内は和洋折衷で、綺麗な印象
1455279799884_R_20160212225627675.jpg
入り口角にある大福帳と鯛のお飾【sana撮影】
IMG_0405_R.jpg
カウンター席と
IMG_0406_R.jpg
ボックス席
IMG_0408_R.jpg
茶室まで完備している
1454503245090_R_20160203220231c69.jpg
抹茶のロールケーキを堪能した
(写真はsana撮影、静物写真撮るのほんまにうまいわ)
IMG_0404_R.jpg
食後に出てきた煎茶のデミタスカップ、関東ではお茶=煎茶であるが、京都では趣向品的な飲み物だそうだ
IMG_0407_R.jpg
抹茶石鹸(始めて見た)
IMG_0410_R.jpg
京都では、ほうじ茶がもっともポピュラーなようだ
自分もほうじ茶は愛好家である(香ばしさがたまらん)
IMG_0411_R.jpg
本格お茶セット
IMG_0413_R.jpg
こちらはお店の自動石臼くん
IMG_0417_R.jpg
京ほうじ茶ソフトに、激しく惹かれたが、寒いので止めておいた
IMG_0416_R.jpg
器等の個別販売もしている
IMG_0414_R.jpg
ちょっと欲しくなって1セット買ってしまった
DSC_0371_R.jpg
急須と湯のみ(茶たく付き)3組セット、後日自宅へ発送されてきた
DSC_0372_R.jpg
防空壕ギャラリーで買った小皿と合わせて、お茶請けセットができた
IMG_0703_R_20160202233148dbd.jpg
1包み買って帰った
IMG_0704_R.jpg
個別のティーバッグで、便利である
IMG_0705_R.jpg
美味しく入れるには・・・

楽しい一日だった、一人より二人が良いと思った
あまり会えない二人だが、その分会えるのが楽しく感じる
そんな一日に感謝する、かけがえの無い一日に感謝する
二人で歩いた道を思い出す、寄り道したお店を思い出す
楽しかった二人の一日を忘れない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント