京都 六角堂(紫雲山頂法寺)

聖徳太子といえば、六角堂という六角形のお堂が有名だ
もちろん、聖徳太子イコール大阪の四天王寺 も忘れちゃいかんけど!

聖徳太子が幼い頃、淡路島の岩屋に小さな唐櫃が流れ着き、聖徳太子が蓋を開けると、中から黄金でできた一寸八分の如意輪観音の像が出てきた。
太子はこれを、自分の持仏として大切にしたそうだ。
太子は当時、物部守屋という人と争っていたので、如意輪観音に勝利を祈り、「勝たせていただければ、四天王寺を建立いたします」と誓いを立てた。
そののち勝利をおさめた太子は、用明天皇2年(587年)、大阪四天王寺建立のための用材を求めてこの地に来た。
ある日、泉のかたわらにある多良の木の枝に護持仏をかけて沐浴をされ、終わって仏を手に戻そうとされたが、どういうわけか、枝から離れない。
その夜、「お前の守り本尊となってから、すでに7世が過ぎた。これからは、この場所にとどまって衆生の救済に当たりたい」、という仏のお告げを夢で見た。
信仰心篤い太子は、ここにお堂を建てようと決心し、そこへ一人の老翁がやってきたので、「この辺りに観音のお堂を建てるにふさわしい木はないか」と尋ねた。
老翁は「この近くに杉の巨木がある、毎朝紫の雲がたなびく霊木です、あの木を使うとよいでしょう」と言って去って行った。
老翁に教えられた場所に行くと、一本の杉の木があったので、それを伐ってこの地に六角の御堂を建てて護持仏を安置されたと伝えられている。

寺号は紫雲山頂法寺 
「六角さん」の名称で、京の町の人々から親しまれている


IMG_0419_R.jpg
三条にある辻地蔵、六角堂は、本当に街中にポツンとある
IMG_0420_R.jpg
町並みは変わっても、京都の人は辻地蔵を撤去せず大事にしている
IMG_0421_R.jpg
三条通室町西入ル衣棚町にあるロンドン 室町店、近江牛カレーパンとカリカリメロンパンが有名らしい
IMG_0422_R.jpg
京都超有名自転車屋「sakura cycle」
IMG_0425_R.jpg
黒柴印和んこ堂京都本店
IMG_0430_R.jpg
六角通りを曲がると
IMG_0431_R.jpg
ビルの合間に櫓が見える
IMG_0433_R.jpg
六角堂 鐘楼堂
IMG_0434_R.jpg
まさにビルの谷間にある六角堂を象徴している
IMG_0437_R.jpg
山門
IMG_0439_R.jpg
六角堂案内板
IMG_0440_R.jpg
入って目を引くのが右の柳
IMG_0444_R.jpg
縁むすびの六角柳
IMG_0441_R.jpg
ここはいけばな発祥の地でもあるそうだ
IMG_0442_R.jpg
本堂、大提灯が目立つ
IMG_0445_R.jpg
「観世音菩薩」と書いてある大提灯
IMG_0446_R.jpg
あちこちに六角堂の文字が刻んである(大香炉を支えているのは邪鬼、後で出てくる)
IMG_0449_R.jpg
天水受けにも六角堂
IMG_0447_R.jpg
柱がすごい事になっている
IMG_0443_R.jpg
そしてここにも
IMG_0455_R.jpg
六角堂
IMG_0456_R.jpg
ちなみにこの龍は髭が生えていない、メスだろうか?
IMG_0458_R.jpg
山門くぐってすぐにあるこれ
IMG_0460_R.jpg
IMG_0459_R.jpg
「へそ石」、京都の中心にある石だそうだ、もとは門前の六角通りにあったものを移設
IMG_0463_R.jpg
へそ石餅も売っている、かつては茶釜でお茶をたてて、参拝客にふるまっていたそうだ
IMG_0464_R.jpg
ちょっと離れて見ると、結構派手な暖簾に巻かれている本堂入り口
IMG_0466_R.jpg
そのすぐ隣には、スタバの入っているビルが隣接する、展望エレベーターで上から六角形の形を見る事が出来る
IMG_0470_R.jpg
下から見ると良く判らんが、確かに名前の如く六角形をしている
IMG_0472_R.jpg
L字型に置かれた地蔵群
IMG_0471_R.jpg
北向地蔵尊(L字型やんとか言わんように)
IMG_0462_R.jpg
聖徳太子沐浴池跡では、白鳥が二羽泳いでいた
IMG_0473_R.jpg
派手な朱色の御社が見える
IMG_0461_R.jpg
太子堂と呼ばれ、またの名を開山堂ともいう、聖徳太子ご自作と伝えられる南無仏の像が安置されている
IMG_0474_R.jpg
不動明王立像
IMG_0451_R.jpg
IMG_0450_R.jpg
合唱地蔵
IMG_0452_R.jpg
それを取り囲むようにあるニヤケ顔の石造
IMG_0453_R.jpg
ニヤケ顔にも訳があるのだ
六角堂を後にする
IMG_0729_R.jpg
御朱印を貰った時に頂いた物、花びらの変わりだそうな

周辺情報

DEAN & DELUCA KYOTO
IMG_0476_R.jpg
シックなレンガ調の建物が目印のDEAN & DELUCA
IMG_0478_R.jpg
残念ながら期間限定店舗で、今年9月閉店予定のようだ
IMG_0479_R.jpg
セットプレート
IMG_0480_R.jpg
プレートセット?
IMG_0481_R.jpg
焼きたてベーカリーも美味そうだった

マエダコーヒー本店
IMG_0484_R.jpg
室町本店は喫煙可能な飲食店として、愛煙家の方々にご利用頂いているそうだ

美しいノート lleno
IMG_0485_R_20160207213422d66.jpg
手製のノートを専門とするお店「lleno」室町店
IMG_0486_R.jpg
お店の厚みは、ノートの様に薄い
IMG_0492_R.jpg
お店の前にあった、フリーペーパー「フリースタイルな僧侶たち」

永楽屋 
IMG_0487_R_2016020721342505d.jpg
琥珀菓子で有名な「永楽屋 室町店」はからいもの(佃煮)とあまいもの(菓子)を取り扱うお店
店内には坪庭があり、お茶を貰いながらの試食なども出来る
IMG_0489_R_20160207213426060.jpg
地元、神奈川県にも「振袖いちばん館溝ノ口店」がある「冨士屋呉服店」とみひろ

ORENO PAN
IMG_0493_R.jpg
sanaお気に入りのお店「ORENO PAN」
IMG_0494_R.jpg
他店では見られない、独特のパンが並ぶ
IMG_0495_R.jpg
どれを見ても、美味そうである
店内には焼きたてのパンの匂いが充満して、食欲をそそる
IMG_0497_R.jpg
『祇園おくむら』の「ビーフカレー」(5袋入 本体価格3,000円)ちょっと食べてみたい
DSC_0411_R.jpg
りんごパイ、トースターで軽く焼き直すと、香ばしくて良い香りがする
「電子レンジは、しなっとしてしまうで、あかんよ」とsanaに言われた
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント