京都 錦商店街(錦市場)、錦天満宮

錦市場は、京都市中京区のほぼ中央に位置する錦小路通のうち、「寺町通 - 高倉通」間に存在する商店街である
魚・京野菜などの生鮮食材や、乾物・漬物・おばんざいなどの加工食品を商う老舗・専門店が集まる市場
京都独特の食材は、ほぼここで揃うと言う

今回はsanaが別の用事を済ましている間に、yakumo独りでサクッと廻ってきた
けど実際に行って見たら、地元人らしい人は殆んど見かけず、観光客やら中国からの観光客ばかりが目立っていた
sanaが言うには、「地元京都人は近寄らんし、少なくともうちは行きたいとは思わへんし...」とのこと
価格帯にしても安いとは言えず、観光客目当てみたいな感じも拭えなかった、でも色々あって楽しかった

IMG_0498_R.jpg
高倉通からスタートする、と言っても全部の店を見る訳では無い
IMG_0499_R.jpg
「万豚記」(わんつーちー)錦小路店、坦々麺屋さん
IMG_0503_R.jpg
アーケードはこんな感じでやや狭い
IMG_0504_R.jpg
天井に下がる大きなタペストリーに目を奪われる
IMG_0506_R.jpg
京・麩嘉「麩まんじゅう」が有名なお店
IMG_0522_R.jpg
後で寄ったら、お店は開いていたが、饅頭は蒸している最中だった、残念
IMG_0517_R.jpg
場所によってはすれ違うのも困難な人通りの部分もある
IMG_0518_R.jpg
京漬物「西利」、京都といえば、漬物天国!
IMG_0519_R.jpg
「山久商店」 京野菜の店
DSC_0368_R.jpg
紅芯大根、このサラダは絶品だった
DSC_0369_R.jpg
聖護院シリーズ、デカイ 聖護院かぶら&聖護院だいこん
IMG_0520_R.jpg
鮮魚 「錦大丸」
IMG_0521_R.jpg
京生菓子司 「畑野軒老舗」
IMG_0523_R.jpg
(株)冨美家 錦総本店
IMG_0524_R.jpg
関西では、肉イコール牛肉をさす
つまり、「昨日のばん、肉食べてん」イコール「昨日の夕飯は、牛肉を食べました」となる
なので、肉まんとは牛肉まんのことであり、関東でいう肉まんは、関西では「豚まん」と言っている
コンビニで肉まんを買うときは「豚まん下さい」と言わなければならない
そして、何も言わないと自動的にもれなく辛子がついてきてしまう
まとめると、
「豚まん下さい、あ、辛子は付けないで下さいね。」と言わないとコンビニで関東と同じ様に肉まんを買うことは出来ない
店員さんには、思いっきり「自分、よそもんやな。」って思われるだろうけど・・・
IMG_0525_R.jpg
「えびす楽庵」
IMG_0526_R.jpg
京つけもの 「打田」
IMG_0527_R.jpg
「元蔵」 九条ねぎをふんだんに使った 「ねぎ焼こんちくしょう」 なんてのがある
IMG_0528_R.jpg
やはり天井のこれは気になる
IMG_0529_R.jpg
色とりどりな種類が有って、見ていて楽しいが、きりが無いほど有るので割愛する,若冲(じゃくちゅう)とは京都画壇の絵師・伊藤若冲の事で、生誕300年を祝っている、錦市場に尽力された方で、通ごとに彼の作品のタペストリーが飾られているのだ
IMG_0531_R.jpg
赤い椅子が気になるお店(道路交通法違反云々ではなく)
IMG_0532_R.jpg
横に回ると、蒸した蒸気と匂いが食欲をそそる
IMG_0533_R.jpg
点心 「汸臼庵」 練り物の蒸篭蒸し中心のお店
IMG_0534_R.jpg
出し巻き玉子焼き専門店 「三木鶏卵」
DSC_0370_R.jpg
寺町通まで来ると、目の前に「錦天満宮」の鳥居が現れる、この鳥居はある事でTVでも有名になっている
NHKの「ぶらタモリ」第一回は京都だった、そこでも紹介されていた
DSC_0371_R_2016020922284976b.jpg
なんと、隣の建物に突き刺さっているのだ!
DSC_0372_R_20160209222850766.jpg
反対側もこの通り!2階のお店の中から突き刺さった部分を見る事も可能なので、気になる人はどうぞ!
DSC_0373_R_20160209222852cf4.jpg
学問の神、菅原の道真公が祭られている
DSC_0375_R.jpg
人に触られすぎて、黒くなくなった牛が一頭(神牛像)
DSC_0377_R.jpg
からくりみくじ、この手の機械仕掛けの獅子舞等の機械が何種類かあった
DSC_0376_R.jpg
『錦の社の御神水』 本物の湧き水
IMG_0537_R.jpg
戻りしな、人の並ぶ店があった
IMG_0535_R.jpg
京とうふ藤野直営店「こんなもんじゃ」豆乳ドーナツ 10コ250円とリーズナブル

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント