呉 平原浄水場 呉海軍下士官兵集会所

市民用の水道施設として市内の高台につくられた浄水場で、配水池は地下式で場内南側に位置する。
煉瓦及びコンクリート造で、通路を中心に東西2つの池を配置した形式になる、南北にある煙突状の煉瓦造換気塔の意匠は独特である。
登録有形文化財(建造物)となっている。
普通の人は宮原浄水場の方を見に行くんだろうな~
DSC07775_R_20160223225411582.jpg
通りすがりに煉瓦の塔を見つけた
DSC07776_R_20160223225412a74.jpg
平原浄水所と言うらしい
DSC07777_R_20160223225413201.jpg
煉瓦造りの浄水施設は萌える
DSC07780_R_20160223225415e01.jpg
半地下式の施設なので、ちょっと見難い
DSC07782_R_20160223225416471.jpg
煉瓦造換気塔が見える
DSC07783_R_20160223230404261.jpg
道を挟んで上下に分かれて施設はあるようだ
DSC07784_R_201602232304066e0.jpg
当時はここに門柱でもあったのだろうか?
DSC07785_R_20160223230407aec.jpg
あまり人の訪れない所の方が何となく好きだったりする
01032_R.jpg
こんな感じの塔らしい(水道局HPより)
DSC08059_R_20160223230408caa.jpg
普通の人はこちらへどうぞ!

呉海軍下士官兵集会所は、明治36年(1903年)に下士官・兵のための厚生施設として設置された。
当初は「呉海軍下士卒集会所」という名称だったが、大正10年(1921年)に「呉海軍下士官兵集会所」に改称された。
昭和11年(1936年)には、現在の、地上3階・地下1階・一部塔屋付きの鉄筋コンクリートの建物が完成した。
昭和31年以降は、海上自衛隊呉音楽隊や防衛庁共済組合の青山クラブとして使用されていたが、現在は不明。
何度か名称が変っている様で、昭和15年頃は海仁会呉下士官兵集会所と言われていたようだ
027C3060-7810-076C-E38B-D73364933642_R.jpg
当時の絵葉書
DSC07788_R_20160223232722503.jpg
パッと見は、現代建築と遜色は無く、遺構には見えない
DSC07789_R_2016022323272307b.jpg
絵葉書から見比べると、この辺の鎖の辺りは戦後の装飾のようだ
DSC07790_R_201602232327243dc.jpg
現在は海上自衛隊呉集会所となっている
DSC07791_R_20160223233631c1b.jpg
アルミサッシに変っているが、絵葉書と似たアングル
DSC07793_R_20160223233632de3.jpg
青山クラブ
DSC07794_R_20160223233633649.jpg
この辺の壁に食い込んでいる物は当時の柱だろう
DSC07796_R_20160223233636ee8.jpg
御影石で鎖も太い
DSC07797_R_20160223234430dcf.jpg
手前の鎖は半分ぐらいに細い
DSC07795_R.jpg
奥に見えるあの穴がすごく気になる・・・
DSC07799_R_20160223234351095.jpg
一応音楽隊の練習場みたいに活用しているようだった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント