神戸大空襲 その3

DSC02376_R_20160310194750aa2.jpg
京橋交差点海側、京橋筋南詰には神戸海軍操練所跡碑がある
DSC02380_R_20160310194751f9a.jpg
神戸海軍操練所は、江戸時代の元治元(1864年)5月に、江戸幕府軍艦奉行の勝海舟の建言により幕府が神戸に設置した海軍士官養成機関、海軍工廠である
DSC02381_R_20160310194752b8d.jpg
神戸海軍操練所跡由来
DSC02382_R_201603101947555f9.jpg
右ページ
DSC02383_R_201603101947561e3.jpg
左ページ
DSC02384_R_20160310200150eac.jpg
読み辛いが、右側に「旧戦艦の錨・・・・・錆で読めん」9200(9200kg)とある
DSC02387_R_201603102001519d3.jpg
震災の影響なのか、折れてしまっているようだ
DSC02388_R_20160310200154fdd.jpg
神戸電信発祥の地碑、ちなみに後ろのビルはDOCOMOビル
DSC02389_R_20160310200155177.jpg
高速の向こうに、神戸港の夜景が見える
DSC02470_R_20160310225033ee6.jpg
みなと公園の一角
DSC02471_R_2016031022503511a.jpg
メリケン地蔵尊
DSC02472_R_20160310225037cd2.jpg
神戸海軍操練所記念碑(海軍営の碑)、陸奥宗光の顕彰碑
DSC02473_R_20160310225038215.jpg
DSC02474_R_20160310225039648.jpg
DSC02475_R_20160310231006dd6.jpg
DSC02476_R_20160310231009a9d.jpg
DSC02477_R_20160310231010e00.jpg
DSC02479_R_2016031023101196a.jpg
裏側も上げておく
DSC02480_R_20160310231012b4a.jpg
DSC02481_R_20160310231547798.jpg
DSC02482_R_20160310231550665.jpg
DSC02483_R_201603102315515c5.jpg
DSC02484_R_20160310231552a71.jpg
DSC02485_R_2016031023155346e.jpg
この二つの碑は先の「神戸海軍操練所跡碑」と離れた所にある、何故隣にしなかったのだろう?
IMG_0861_R.jpg
阪神防衛司令部
IMG_0864_R.jpg
神戸教会は戦時中、阪神防衛司令部として接収されていた
IMG_0866_R.jpg
入り口の一角に
IMG_0868_R.jpg
割れた石版が置かれている
IMG_0869_R.jpg
神戸で戦跡としての説明板があった、初めての物件だった
IMG_0873_R.jpg
この塔の一部には、摂取されていた頃の迷彩の跡がうっすらと残っているそうだ
IMG_0876_R.jpg
歩道橋に登ってみた、本館との根元の辺りに何となく黒ずみが有るが、定かではない
IMG_0909_R.jpg
花隈公園にやって来た(花隈城跡)
IMG_0900_R.jpg
東郷井なる物がある
IMG_0901_R.jpg
広く知られている戦艦「大和」「武蔵」は二代目で、両艦ともに初代は明治期に既に存在していた、余談になるがなんとこの初代「大和」は太平洋戦争を生き延びたのだ、昭和10年(1935年)4月1日除籍の後、司法省の所管に移され、浦賀港内に繋留されて、少年刑務所の宿泊船になったのだが、老朽化で解体のため横浜に回航されたが、昭和20年(1945年)9月18日、台風のため鶴見川の河口に沈没、奇しくも初代、二代目共に同じ年に終焉を迎えている
IMG_0904_R.jpg
この石碑も倒壊したのか、補修跡が随所に見える
IMG_0910_R.jpg
場所はここ、神戸教会は書いてないが、中央右下の歩道橋マークの辺りにある

このたびまた、「月刊モデルアート」イラストで見る二本陸・海軍機大図鑑②に自分の提供した資料が載る事になりました
26P~29P辺りの記事に載っていますので、御一読頂ければ幸いです。
DSC02789_R_201603132359173ae.jpg
DSC02793_R_20160313235918c57.jpg
DSC02795_R_2016031323592066b.jpg
DSC02796_R_20160313235921510.jpg
DSC02798_R_201603132359226d4.jpg
書店で見かけたら、ぺらぺらっと見てみて下さい、佐藤氏のイラスト画もかなり見ごたえがあります
出来れば記念に御購入を!CM

とある地下壕で発見した当時の本物の遺物であり、ここにはまだ大量に眠っている
ここは一般人の入れない施設内にあり、捜索は不可能だろう、このような遺物のある地下壕を発見する事の喜び
楽しさに取りつかれた様に山狩りをする変な奴のブログを見て頂き、感謝です
記事にして下さった関係者様にも感謝します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。
素晴らしい書籍が出版されたのですね!是非、購入しようと思っております。
実は去年のくれに友人と某地下壕(魚雷関係の)に入り、友人が根気よく探した結果、このプレートを6枚程見つけました。
使い方がよく分からなかったのでこの本をみて確認したいと思います。
それではまた^^

ウィリアム 様

比与字、浦郷の件以来ですね、御無沙汰してます
参考にしていただければ、幸いです!

まだ見つかるものなのですね~
確かに数ヶ所の地下壕で見かけた事がありましたが、完全品では無かったです

お互い頑張って、調査をして行きましょう!