神戸 旧外国人居留地を歩く その2

DSC02531_R_2016031621293250b.jpg
旧居留地海岸道に来た
IMG_0973_R.jpg
大正時代の海岸通
IMG_0971_R.jpg
明治末期頃の神戸海岸通を写した手彩色絵葉書
DSC02535_R_20160316212934b44.jpg
現在の海岸通(国道2号線)
DSC02533_R_20160316212933837.jpg
郵船ビルが見える
DSC02457_R_2016031621292941a.jpg
初代米国領事館の跡地に1918年、曾禰達蔵・中條精一郎の設計により旧日本郵船神戸支店として建設された近代ビル。
当初は銅葺きの屋根と円形ドームを戴いていたが、1945年の神戸大空襲で焼失した。
現在は1階は商業施設になっており、2階以上が貸事務所となっているが、非常時以外は2階以上には建物の西側にある通用口からのみ入るようになっている。
IMG_0984_R.jpg
昭和初期の日本郵船神戸支店(ドームなどが健在な頃)
DSC02458_R_201603162129300a0.jpg
この辺
DSC02469_R_20160316232911fe7.jpg
海岸ビルを見る
DSC02463_R_20160316232910080.jpg
阪神淡路大震災で全壊認定を受けたために幾何学的装飾が施された外壁を撤去・保管。その後、同じ場所に新しく再建された高層ビルの低層部に旧外壁を再構築した。この4階建の旧外壁は国の登録有形文化財に登録されている(なお、空襲の被害があった4階の外壁材は新調された)。
DSC02536_R_201603162329126ad.jpg
3階・4階の間にある軒蛇腹や、軒上のパラペットには唐破風が取り込まれている。
DSC02539_R_201603162329141df.jpg
左の銘板
DSC02540_R_201603162329159f0.jpg
右の銘板
DSC02541_R_201603162349133af.jpg
近代化産業遺産
DSC02547_R_20160316234917055.jpg
外壁には神戸大空襲の際の機銃掃射の跡が残っている
DSC02542_R_2016031623491594a.jpg
内部は完全に近代建築になっている
DSC02551_R_2016031623491881a.jpg
竣工当時から受け継がれてきた木製ドアが取り付けられている
DSC02554_R_2016031722020129e.jpg
旧館部分は4階まで吹き抜けになっているようだ
DSC02468_R_201603172207581b5.jpg
商船三井ビルディング
DSC02556_R_20160317220801f24.jpg
商船三井ビルディングは、兵庫県神戸市中央区にある近代建築、旧大阪商船神戸支店として竣工したのは1922年(大正11年)である、商船三井ビルと略されることが多い、近代化産業遺産。
DSC02560_R_201603172208045b2.jpg
扉は外扉が窓付き鋼製、籠扉が真鍮製伸縮扉(俗に蛇腹式という)
DSC02557_R_20160317220802f12.jpg
大正レトロな意匠が素晴らしいが、文化財等の指定は受けていない、ビルオーナーが1社であると、壊すのも売るのも自由になるメリットがあるのだ、指定を受けると、補助は受けられるものの、建て直し、改造、売却などが非常に面倒になるようだ
DSC02559_R_20160317220803d76.jpg
外観は1階部分がルスティカ仕上げの石積みで最上部に半円形のペディメントを有する意匠で、建物内部も欧米スタイルで統一され、天井が高く廊下が広い
DSC02440_R_2016031722324854d.jpg
DSC02442_R_20160317223250957.jpg
5番 商船三井ビル
DSC02438_R_20160317223247425.jpg
商船らしく、錨がモニュメントとして貼り付けてあった
DSC02445_R_201603172232522f3.jpg
夜のライトUP
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント