京都 三条歴史的建造物 その1

京都府京都文化博物館の前に、こんな物があった
前からあったのは知ってはいたが、まともに見てる時間が無かった
今回じっくり見たら、全部見て見たくなってしまった、多分に今までの記事とダブル部分が多いが
基本的には全部新しい写真なので、勘弁して欲しい、近代建築好きなのだ!
DSC03783_R_201605022059507bf.jpg
三条通 歴史的建造物案内板
DSC03784_R_20160502205951e41.jpg
昭和60年(1985年)当時の写真パネルなので、外観の変ってしまった物もあった
これに沿って紹介していくが、13軒あるので細かい説明はしない
DSC03789_R.jpg
1.文椿(ふみつばき)ビルヂング(旧西村貿易)
DSC03790_R_2016050221265718b.jpg
現在は総合商業ビルとなっている
DSC03791_R_2016050221265831a.jpg
入り口近くにある、世にも珍しい男性用着物店「えいたろう屋」開いてるの見たこと無い
DSC03792_R_201605022127006ef.jpg
内装は木製の床がピカピカで、壁も古臭さを感じさせない
DSC03793_R_20160502212701523.jpg
「和んこ堂」柴犬マークのグッズ販売
DSC03794_R_20160502215640fde.jpg
烏丸DUE(ドゥーエ) ここと奥の焼肉やさんしか営業していなかった
DSC03795_R_20160502215642f17.jpg
千総、創業460年の催し開催中
DSC03785_R_201605022156394d7.jpg
2.「中京郵便局」(旧京都中央郵便局)前回やったので、紹介しない
DSC03781_R_20160502221039261.jpg
3.京都文化博物館(旧日本銀行京都支店)工事中なので、過去画像を使う
DSC00927_R_20160502221040b9c.jpg
平安建都1200年記念事業の一環として京都府京都文化博物館は京都府によって建設されたそうです
DSC00928_R_20160502221041d9d.jpg
モダンな正面玄関
DSC00931_R_20160502221043cdb.jpg
6階建てだが、1階にしか入った事が無い
DSC00936_R_201605022210449dd.jpg
1階のホール
DSC00937_R_2016050222265149d.jpg
別館ショップ
DSC00940_R_20160502222653be4.jpg
吹き抜け階段
DSC00941_R_201605022226555f4.jpg
前田珈琲(旧日本銀行京都支店の金庫室に店舗を構えている)
DSC03828_R_20160505230808b33.jpg
4.居戸商店(かばん屋さん)
お店には、京もののバックはじめ和装小物がいっぱい並んでいる、明治39年創業で、居戸節二さんは二代目だそうで、オリジナルデザインを職人さんに発注して、小物は作ってもらっているそうだ。
DSC03829_R_20160505230810f4e.jpg
堺町通との辻にある
DSC03830_R_201605052308111d7.jpg
京のあれこれ
DSC03831_R_201605052314223b8.jpg
5.分銅屋(たび屋さん)
足袋の語源は、皮からつくられた単皮(たんぴ)が変化したものだそうだ、それが1657年に江戸で起きた振袖火事(明暦の大火)によって、素材の皮が不足し価値がはねあがったため、木綿を使った足袋が急速に普及していったと伝えられているそうだ。
足袋の店を始める前は、漢方薬を扱う店を営んでいたそうで、漢方薬の目方を量る際に「分銅」という計りを使用するのだが、そこから店の名前を付けたそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント