2013年 第一空挺団降下はじめ その1

2013年1月13日(日)に、習志野駐屯地の付近にある、習志野演習場に
第一空挺団降下はじめを見に行った。
横浜から1時間半で到着、しかし8時半までは開門しないとの事で、時間をつぶす。
毎年やってるのだが、今回初めて訪れる事が出来た。
自分のデジカメは普段地下壕探索など、泥まみれで使用しているので、空を撮ると点が写る。
貧乏なので動画もコンデジ、画質は気にしないで見て下さい。
DSC08066_R.jpg朝8時の開門待ち
DSC08067_R.jpg演習地の朝もや
DSC08068_R.jpg路駐しながら開門待ち、チヌークが落ちてきた
DSC08069_R.jpg8時半前から開けた様だ、出遅れた
DSC08070_R.jpg出入り口が一つしかなく、渋滞するが朝はまだまし
DSC08072_R.jpg訓練台越しにチヌーク飛来
DSC08074_R.jpgエンブレム
DSC08075_R.jpg毎度おなじみ手荷物検査、カバンチェックのみ
DSC08076_R.jpg左側は階段が入ってるのでコンクリート張り
DSC08080_R.jpg手荷物検査終了
DSC08079_R.jpg会場まで歩いて10数分シャトルバス運行、高機動車も補助として使用、だが歩く!
DSC08082_R.jpg滑走路、こうゆうのを見ながら歩くのが、基地際の醍醐味だろう
DSC08083_R.jpg遠くにナイキが見える(まだあったのか)
DSC08086_R.jpgそっちは撮影しないで下さいと怒られた
DSC08088_R.jpgガメラレーダー
DSC08089_R.jpg自衛隊専用公認運転免許練習場、上司の許可を取ると18歳でも大型、大特(キャタピラ)も特例で取れる
DSC08091_R.jpg準備中の80mm迫撃砲部隊
DSC08097_R_20130114150128.jpg航空気象装置
DSC08095_R.jpg
DSC08096_R.jpg
DSC08100_R.jpgこれは初めて見る
DSC08101_R.jpg
DSC08102_R.jpg
DSC08507_R.jpg
DSC08508_R.jpg
DSC08513_R.jpg
DSC08512_R_20130114150840.jpg
DSC08505_R.jpg
DSC08506_R.jpg
DSC08108_R.jpg全体図が何処にも無かったのでこれを張って置く、現在地右がメイン会場
DSC08112_R_20130114151232.jpg仮設トイレは結構あるが、寒いので混雑する
DSC08113_R.jpg撮影場所を確保したので、売店を物色(ヘタに動くと前列で見れなくなる)
DSC08114_R.jpg朝一はまだ空いている
DSC08115_R.jpgミリーな店も数店あった
DSC08116_R.jpgTシャツ2100円一枚購入
DSC08117_R.jpgカメラを意識する店員さん
DSC08118_R.jpgスケジュールがここで初めて(ネットふくみ)発表される、掲示チラシも無い
DSC08119_R.jpg仮想敵、赤い星のあの国
DSC08124_R.jpgまだ、開始1時間半前にひな壇は立錐の余地も無い
DSC08131_R.jpg待ち時間ひたすらここに写る空挺団DVDなどを見ていた、やっと始まる
DSC08134_R.jpgDSC08135_R.jpgまずは試験降下
DSC08136_R.jpg見事にこけずに降り立った、(こけた様に見えるのは、着地衝撃を逃がす技術)  
DSC08140_R.jpg敵部隊紹介
DSC08142_R.jpg白色、味方陣地
DSC08143_R.jpg赤色、敵占領地
DSC08144_R.jpg見えないけど黄色、敵陣地
DSC08147_R.jpg
DSC08149_R.jpg陸自、えらかた登場
DSC08156_R.jpg
DSC08158_R.jpgゾクゾクと来賓到着
DSC08159_R.jpg歩いて来いよ、その1往復の燃料で50人の被災者を運べるぞ
DSC08161_R.jpg空挺団団長(50歳過ぎらしい)降下
DSC08164_R.jpgその他一名も降下
DSC08165_R.jpg団長見事に着地  2013年 第一空挺団降下はじめ①
DSC08168_R.jpgその他も着地
DSC08169_R.jpg最終来賓飛来
DSC08171_R.jpg防衛大臣到着
DSC08173_R.jpg多分白い頭かな?
DSC08175_R.jpg敵車両、エンジン始動
DSC08176_R.jpg状況開始の信号弾
DSC08177_R.jpg海自P3C哨戒機状況観察
DSC08179_R.jpg敵軍発砲、上陸開始
DSC08180_R_20130114163150.jpg敵軍上陸、橋頭堡確保
DSC08181_R_20130114163151.jpg着弾!
DSC08126_R.jpgお墓占領される
2013年 第一空挺団降下はじめ②
どうする自衛隊、〇島を守れるか!
今回の訓練展示は、自衛隊の意思表示として見ていいだろう、どうなるにしろ備えは必要だ。
異常な国家に囲まれた現状、頼れるのは自衛隊のみ、だが、機材はあっても弾が無いのだ
3回も戦闘をすれば、弾薬が欠乏する。
これは人海戦術で漁船改造戦闘艇で囲まれたらそれで終わりを意味する。

次回は動画を張りまくる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント