京都 三条歴史的建造物 その3

DSC03784_R_20160502205951e41.jpg
三条 歴史的建造物の最後を勧めていく
DSC03853_R_2016050720553510f.jpg
10.SAKURAビル(旧不動貯蓄銀行)
DSC03854_R_20160507205537eed.jpg
10軒ほどビル内にテナントが入っているようだ
DSC03855_R_20160507205538bb8.jpg
登録有形文化財
DSC03856_R_2016050720553957d.jpg
店内にちょっと入ってみた
DSC03857_R_20160507220719723.jpg
ビルを突き抜けると、裏側のビルと繋がっていた
DSC03858_R_20160507220720f32.jpg
2軒で一つのテナントビルのようで、珍しい
DSC03859_R_201605072207221c6.jpg
横から見た所
DSC03866_R_20160507220724c2b.jpg
洋館っぽくていい感じのたたずまいだった
DSC03861_R_20160508071757fca.jpg
歴史的建造物ではないが、1930年創業のはちみつ屋さん「ミール・ミィ」
DSC03865_R_201605080718026b8.jpg
ファンシーな感じで男一人では入りづらい
DSC03863_R_20160508071758ab6.jpg
DSC03864_R_2016050807180034a.jpg
こんなのを見て歩くのも良いだろう
DSC03869_R_20160508073334416.jpg
面白いショーケースがあった
DSC03870_R_20160508073336e55.jpg
ショーケースの中にショーケースが形式で小さくなって行く
DSC03867_R_20160508073332759.jpg
11.家邊徳時計店
DSC03873_R_20160508073337b06.jpg
今はブティックになっている
DSC03874_R_20160508073338e01.jpg
登録有形文化財
DSC03876_R_20160508080536afb.jpg
麩屋町通の辻を過ぎ、御幸町通へ
DSC03877_R_201605080805371c0.jpg
よーじや(化粧品屋であり、カフェも営む)
DSC03879_R_20160508080539854.jpg
12.1928ビル(旧毎日新聞京都支局とあるが、その前は京都大毎会館として建設されている)
DSC03882_R_201605080805410b0.jpg
もちろん1928年建設で、鉄筋コンクリート3階建て
DSC03883_R_20160508080541a05.jpg
最大の特徴はこの、張り出したテラスだろう
DSC03881_R_201605081837584ee.jpg
アーチ型形状をもつホールは、演劇などの公開に使われている
DSC03884_R_20160508183800408.jpg
カフェやバーなどの飲食店舗も入っている
DSC03886_R_20160508183802a58.jpg
御幸町通側を見てみる
DSC03887_R_20160508183804a50.jpg
出入り口があるので、入ってみる
DSC03888_R_20160508183804a98.jpg
昭和を思わせる、タイル張りの床
DSC03890_R_20160508185259377.jpg
なんか従業員通用口っぽいので、引き返す
DSC03891_R_201605081853013cc.jpg
三条通の出入り口
DSC03892_R_20160508185303451.jpg
訳のわからん複雑な構造になっている
DSC03893_R_20160508185304bab.jpg
地下の入り口を覗いてみる
DSC03894_R_20160508185305469.jpg
ミョウな雰囲気になってきた
DSC03895_R_20160508192202cb6.jpg
更に降りると細っこい扉がある
DSC03896_R_20160508192204279.jpg
結局トイレとバーがあっただけなので店を出る
DSC03898_R_20160508192206848.jpg
13.富田歯科医院はお隣にある
DSC03899_R_2016050819220742f.jpg
これ以上見ようがないので、終了とする
DSC03900_R_2016050819220846d.jpg
終了地点は三条商店街となる
DSC03903_R_20160508193444c3b.jpg
ここは寺町商店街の入り口でもある
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント