京都 宮川町を歩く

IMG_1224_R.jpg
すでに新幹線から富士山を見ても、何とも思わなくなった自分がいる
それだけ京都へ通い詰めている
IMG_1226_R.jpg
京都にしては、軽くうねった道、松原通
京都人は道がカーブすると不安になるらしい
IMG_1227_R.jpg
松原橋を渡る、元はここに五条橋が架かっていた事はあまり知られていない、
牛若丸と弁慶が闘ったのもここ!
IMG_1228_R.jpg
鴨川、なぜ二本に分かれているのだろう?
実は川床の為に支流を作ったのだ
IMG_1229_R.jpg
この川にせり出した川床は、夏が終わるとそのつど撤去される、
大正時代からの風物詩だ
IMG_1231_R.jpg
遠くに御山が見える、いい場所だ
IMG_1236_R.jpg
絵に描いてみるとこんな感じかな?
IMG_1234_R.jpg
鴨川の流れは落ち着いていい
IMG_1238_R.jpg
松原通から、宮川町通へ向う
IMG_1239_R.jpg
長刀鉾のちまきがかかっている
IMG_1240_R.jpg
あまり人の歩いていない静かな通り
IMG_1241_R.jpg
その中にもロージとズシはある
IMG_1243_R.jpg
玄関の屋根の上に
IMG_1242_R.jpg
ちっさいおじさん(鍾馗さん)がおった
「鍾馗さん」は 唐の玄宗皇帝の夢枕に現れて 鬼を退散させたという中国の話にちなんだ 魔よけの神様なのだそうだ
屋根瓦と同じ素材で出来ているのだが、大量生産はされず、注文生産のみで全てオリジナルの一品物であるそうだ
服装から体格に至るまで、みんな個性があるので、見ていて面白い!
043_R_2016051920271054f.jpg
宮川町通は、ちっさいおじさんの宝庫であった
044_R_2016051920271120c.jpg
うっかりしていると、見落としてしまう
045_R_201605192027136d4.jpg
色合いやポーズもまちまちで、面白い
048_R_20160519202715f2b.jpg
辻地蔵も綺麗な物が多かった
052_R_201605192027152c9.jpg
逆光で正面から撮れなかったが、舞子さんの学校、宮川町歌舞練場
053_R_201605192033111ba.jpg
宮川町は歴史的景観保全修景地区に指定されている
054_R_2016051920331353f.jpg
にしんそば、京都と北海道のみで食べられるレアな御蕎麦
055_R_2016051920331595a.jpg
ちょっと変ったお店があった
056_R_201605192033162b1.jpg
変身処「舞香」、観光客に舞子さんの格好でもさせてくれるのだろう
057_R_201605192247178ca.jpg
この右下にある竹で組まれたものは、関東では全く見かけない物だが、京都では街中でもポピュラーな物だ
部屋の中を覗き込まれないようにする為の物だそうだ
058_R_20160519224719836.jpg
裏具、オリジナル文具やさん
060_R_201605192247214eb.jpg
ロージの奥に店舗があるが、開店前だった
062_R_201605192247222e0.jpg
落ちない様に、縛られているちっさいおじさん
064_R_20160519224723316.jpg
こっちは針金で繋がれている
066_R_20160520073855bf3.jpg
なんだこれは、始めて見た!
065_R_20160520073853bf6.jpg
宙に浮いてるちっさいおじさん、頭部が損傷して見えるので、落ちてしまったのだろう
075_R_20160520075647aa3.jpg
新目の家にもブロンズのちっさいおじさんが乗っていた
071_R_20160520090004f6b.jpg
所々に古い土蔵が見え隠れする
081_R_20160520090005af4.jpg
早朝の通りは人通りも無く、店も開かず静かだ
083_R_20160520090008c5e.jpg
一区画に一つの割合であると言う辻地蔵、
地元の人は感謝を欠かさず共に生活をする
085_R_2016052009000936f.jpg
COFFE琥珀、わりと有名らしい
089_R_2016052009001091b.jpg
建仁寺の一画
091_R_20160520093116b97.jpg
ウインズ隣の祇園甲部歌舞練場
092_R_201605200931187a8.jpg
花見小路通
094_R_20160520093120da0.jpg
旧四条小橋の欄干?
095_R_20160520093121ebc.jpg
人一人いない時間は良い
101_R_2016052009312209b.jpg
辻地蔵も大事にされている
107_R_20160520220435351.jpg
和バル「OKU」、あの美山荘の支店である
ここの抹茶ダクワーズが美味いらしい
108_R_2016052022043728d.jpg
意外とリーズナブルなお値段
111_R_201605202204392e7.jpg
後、一時間もすれば、観光客でごった返す花見小路
118_R_201605202204411a6.jpg
端っこまで歩いて来た
119_R_20160520220441af4.jpg
昔は影の町、今は一番京都らしいと言われる通になっている
CM効果と地域の努力で、明るく見える昨今だが、歴史的に見るとここは、関東で言う所の吉原に相当する町である
場外馬券所もあり、一本奥に入ると風俗店もあるが、上手く隠されている
現在、京都には上七軒・祇園甲部・祇園東(祇園乙部)・先斗町・宮川町の5つの花街があり、これを総称して五花街(ごかがい)と呼んでいる。
甲部、乙部とは乙部が歴史上はもともと祇園の一部だったことに由来する、乙部が甲乙と差をつけられているのは、実は祇園から下部団体として切り離されたからである、当然ステイタス的にもかなりの落差が出来上がった。

本来、お茶屋とは、座敷を貸し出すだけで、そこに舞妓さんや芸妓さんが常駐しているわけではなかったのだ
置屋と呼ばれる事務所に所属しているのが舞妓さんや芸妓さんで、女将さんと舞妓さんが親子のような擬似親子関係を持ちつつ営業活動をするのだ
お客さんはお茶屋に、置屋の舞妓さんや芸妓さんを呼び出す形で、今で言う同伴となるそうだ
今はお茶屋と置屋をかねているのが一般的になっているそうだ。
戦前は舞妓・芸妓と一口にいっても上から下まで範囲があった、知識や教養、踊りや小唄の技術がない舞妓やら芸妓はその身を売ることもあった、むしろそれを専門にした人たちで関東の吉原のような地区も何処とは言わないがあった。
いまのお茶屋業はむしろコンパニオン派遣会社に近い営業をしていて、主収入は宴会、座敷などへの派遣代(花代)、座敷使用料であるとされる。
宮川町に鍾馗さんが多いのは、そんな歴史背景により、魔除け的な物に縋る様な環境だったのだろうか?
考えさせられるものがある。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント