京都 夕暮れの町並み

191_R_20160524202533440.jpg
知恩院をでて、街道沿いに歩く
192_R_20160524202534dc7.jpg
知恩院、黒門
193_R_2016052420253503f.jpg
青蓮院方向に進む
194_R_2016052420253775d.jpg
良正院の寺門の前に、『肉弾』の作者桜井忠温大佐が「ここは御国を何百里・・・」との一節を記した石碑が建てられた
195_R_201605242025399a0.jpg
花園天皇陵参道
196_R_201605242036178c7.jpg
東山駅へと下って行く
197_R_201605242036188d4.jpg
青蓮院門跡の前を歩いて行く
198_R_201605242036208aa.jpg
四脚門
200_R_20160524203621766.jpg
参拝入り口
202_R_20160524203622369.jpg
案内図
204_R_201605242117190eb.jpg
街中に戻ると、辻地蔵が目に付く、外国人観光客がおいたをするからか、厳重に囲われている物が多い
205_R_20160524211720947.jpg
新築物件の庇の上に
206_R_2016052421172181a.jpg
鬼退治中の鍾馗さんがおる(スゴイレアだ)
207_R_201605242117236da.jpg
坂本龍馬、お龍「結婚式場」跡
218_R_20160524225650666.jpg
良く読めやん
208_R_20160524211724f35.jpg
白川橋
209_R_20160524225644bea.jpg
何回か歩いたが、この川辺は落ち着く
210_R_20160524225645f2b.jpg
対岸に、厳重に囲われた辻地蔵が・・・
211_R_201605242256470f9.jpg
こっちにも、鍵まで閉められている
212_R_201605242256488f2.jpg
地下鉄、東山駅
214_R_201607252221085ef.jpg
古川町商店街をチラッと見る
215_R_20160524230411c48.jpg
ほのぼのとする、昭和的な看板
216_R_2016052423041248d.jpg
ちょっとシャッターが目立つ
217_R_20160524230413cf6.jpg
別に全部閉まっている訳では無い、全部では無いんだけど・・・
219_R_2016052423041572f.jpg
平安神宮遠景
223_R_201605242317320b1.jpg
ちょっとお茶をして行く
222_R_20160524231730b4d.jpg
わらび餅、東男のyakumoはいままで食べた事が無かった
224_R_20160524231733fd9.jpg
静かな店内に並ぶ、おもたせ各種
225_R_20160524231734285.jpg
お店の半分は飲食スペースになっている
226_R_20160725222109d5b.jpg
俺は抹茶オレ
227_R_201605242327252b4.jpg
sanaはわらびもちとほうじ茶を頼んだ、少し味見のつもりで貰ったら、美味くてほとんど食べてしまった、「ごめん」と謝ったら
「そのつもりで頼んだからええんよ」って笑ってくれた、ほんまに出来た女やsanaは
IMG_1281_R.jpg
御菓子司亀末廣
IMG_1283_R.jpg
新風館は、最早解らん状態だ
IMG_1284_R.jpg
一子相伝の柚味噌の味「八百三」(やおさん)
IMG_1287_R.jpg
いつも通り過ぎるだけだったお気に入りのパン屋さん
「FLEUR DE FARINE」
IMG_1288_R.jpg
店が狭く、入りづらかったのだが、今日は空いていた
IMG_1303_R.jpg
なかなか美味しかった
IMG_1292_R.jpg
夕暮れのメインストリートの先に御山が見えるのが好きだ
IMG_1293_R_20160525203951f40.jpg
僅か数分で色が変って行く
IMG_1296_R_2016052520395203e.jpg
烏丸通を歩く、もうすぐ駅に着いてしまう
IMG_1295_R.jpg
京都タワーを蝋燭とはよく言ったものだ
IMG_1298_R_20160525203955782.jpg
月と蝋燭と東本願寺、良い時間に見れたようだ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント