呉 海軍工廠 (あれいからすこじま)

呉海軍工廠とは、広島県呉市にあった日本の海軍工廠、戦艦「大和」建造で有名。終戦により工廠は解散。
現在はジャパン マリンユナイテッド呉工場として大型民間船舶の建造を行っており、艦艇建造は行っていない。
船舶とは民間船、艦艇とは自衛隊、海上保安庁などの武装している物と思えばいい

呉工場での自衛艦艇の建造は無いが、修理は行っている。なお「造船船渠(大和の建造用ドック)」は1993年に埋め立てられ、跡地は工場として再利用されている。
しかし、大和の修理を行った「船渠(ドック)」は現存しており、自衛艦や米軍艦船などが現在も使用中である。

1903年 (明治36年)に日本海軍の組織改編で呉海軍工廠が誕生、その後は東洋一と呼ばれるほどにまで設備を充実させた。
工員の総数は他の三工廠、横須賀、佐世保、舞鶴の合計を越える程で、ドイツのクルップと比肩しうる世界の二大兵器工場であった、戦艦「大和」を建造するなど多くの艦艇建造を手がけ、日本海軍艦艇建造の中心地となった。

DSC07869_R_2016061520421433d.jpg
山を下りて来ると軍港風景が、見えてきた
DSC07870_R_20160615204216a7e.jpg
海軍技手養成所跡の碑
DSC07871_R_20160615204217a36.jpg
その横に駐車場があった(駐車場の金網の向こうに閉鎖されて地下壕入り口が見える)
DSC07872_R_20160615204218703.jpg
台数は20台ぐらいしか入らないが無料だ(雨の日は泥だらけになる)
DSC07875_R_201606152234530a7.jpg
曲がりくねった道を下りていく
DSC07892_R_20160615223453565.jpg
呉の海上自衛隊基地が見えてくる
DSC07896_R_2016061522345077b.jpg
はりま (音響測定艦)
DSC07897_R_20160615223452fdd.jpg
護衛艦あぶくま
DSC07898_R_20160615223453dab.jpg
周辺図
DSC07893_R_201606160812481f7.jpg
道路周辺にはステキな煉瓦倉庫もあるが、そっちは後でやる
DSC07899_R_201606160812509cc.jpg
子規の歌碑
DSC07906_R_20160616081251924.jpg
ちなみに横須賀も、普通に公園から潜水艦見放題です
DSC07907_R_2016061608125251f.jpg
土木学会推奨土木遺産
DSC07903_R_201606160820324bf.jpg
DSC07904_R_20160616082034951.jpg
DSC07905_R_201606160820369aa.jpg
日清戦争以前の鹵獲砲などだろう
DSC07908_R_20160616082445cbd.jpg
先端部に係船柱がある
DSC07909_R_2016061608244626e.jpg
昔の大砲を縦に埋めて係船柱にしていたそうな、上で紹介した砲もそれらしい話もある
DSC07910_R_20160616082447076.jpg
海軍マークを削り取ったような跡が見受けられる
DSC07917_R_2016061608244944b.jpg
ほぼすべてのボラードの形が違う
DSC07912_R_201606162116100e7.jpg
この護岸は、当時からのもの
DSC07913_R_20160616211611200.jpg
その先にあるクレーンも実際に魚雷の積み込みなどに使われたもの
DSC07915_R_20160616211612ef0.jpg
戦後しばらくは使用されていたが、今はもう、動かない
DSC07918_R_201606162116142b9.jpg
このフックも、キャビテーション魚雷を搭載してみたかっただろうな~
DSC07919_R_20160616211615d80.jpg
クレーン基礎部分
DSC07920_R_201606162203573df.jpg
銘板がうっすら見える
DSC07921_R_20160616220359f25.jpg
機械室の歯車達
DSC07923_R_2016061622040048f.jpg
後方に小スペースがある(ちなみに外から中を覗いてる
DSC07925_R_201606162204013a2.jpg
下から海を眺める
DSC07927_R_20160616220403eb3.jpg
クレーンの角度を示す、大ざっぱな目盛り
DSC07931_R_20160616230529dc5.jpg
クレーンの巻き上げ機
DSC07932_R_2016061623053063b.jpg
ダイナモのコイルだろう
DSC07933_R_20160616230532017.jpg
配電盤が落ちている
DSC07934_R_20160616230533050.jpg
操作室
DSC07935_R_20160616230534d9d.jpg
登っ見たかったが、グリスで汚れそうで止めた
DSC07938_R_20160616231248a9d.jpg
1934年2月に製造されたのだろうか?
DSC07939_R_20160616231249c58.jpg
窓ガラスが健在な一面がある
DSC07942_R_201606162312500da.jpg
当時もこんな風景が見れたのだろう
DSC07943_R_2016061623125249d.jpg
風に揺らぐフックが、もの悲しく見える
DSC07944_R_2016061623125350f.jpg
いつまでも、この地にあり続けて欲しい






次回、祇園祭
018_R_20160718142519909.jpg
鋭意製作中
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント