京都 祇園祭(2016年) その8 阪急電車と阪神電車

祇園祭を堪能し、鱧をいただき満足をしたので、足を延ばし次の目的地へ移動するのだが
阪急及び梅田駅のホームに感動したので、記事にしてみたくなった
断わっておくが、鉄っちゃん的要素は全く持ち合わせてはいないのだが、気に入ってしまったのだ。
IMG_1506_R.jpg
駅のコインロッカーが目についた
IMG_1507_R.jpg
東寺と
IMG_1509_R.jpg
牛車のステッカーが貼ってある京都っぽくてええやん
IMG_1565_R.jpg
ホームに入ると、映り込むような磨き抜かれたボディが目に入る
IMG_1573_R.jpg
八坂神社から河原町駅に来た
IMG_1576_R.jpg
阪急京都線のボディに映り込むホームの様子で、いかにキレイかが伺える
IMG_1577_R.jpg
車内に入ると広告の少なさにびっくりする、関東の電車ならつり革から車窓に至るまで、ごちゃごちゃに掲示してある
IMG_1579_R.jpg
小腹が空いた所にそつなく包みを出してくれた
IMG_1580_R.jpg
麩餅食べてみたかったんだよね~
IMG_1583_R.jpg
腹を満たした所で桂川を通過
IMG_1587_R.jpg
京都の御山がうっすらと見えている
IMG_1589_R.jpg
京都の御山は見慣れても、見飽きない
IMG_1591_R.jpg
一番先まで行けるよと言うので、お邪魔させてもらった
IMG_1592_R.jpg
IMG_1593_R.jpg
2~3枚撮って席に戻る
IMG_1594_R.jpg
線路より山を見てる方が好きなyakumoであった
IMG_1603_R_20160816201633458.jpg
変わった駅名があった、市の名前がそのまま駅名になっている(茨木市、摂津市などもある)
IMG_1606_R.jpg
十三と書いてこう読む
IMG_1609_R.jpg
十三(じゅうそう)を超えた辺りで日差しが変わり、ブラインドを下ろそうとしたら
IMG_1610_R.jpg
音もなくスルスルと動いて、任意の所でピタッと止まる(窓のレールに溝が無いのが見えるだろうか!)のにびっくりした
IMG_1611_R.jpg
淀川を越える
IMG_1613_R.jpg
梅田の街が見えて来た
IMG_1615_R.jpg
梅田芸術劇場を超えると、梅田駅に到着する
DSC07714_R_20160817185442843.jpg
梅田駅に降り立って絶句した、ホームが光り輝いている
DSC07715_R_20160817185443f7e.jpg
しかも見ての様に一面コンクリートではなく、ブロック状タイルなのだ
DSC07716_R_20160817185444e17.jpg
奥の方には何やら特別塗装の車両がいる(sanaの部屋で紹介した車両が見たかったな~)
DSC07718_R_20160817185446fee.jpg
マルーンカラーに統一された光り輝く車両がいたく気に入った
DSC07720_R_20160817185447444.jpg
電車もホームもピカピカの梅田駅であった
DSC07723_R_201608171930520bb.jpg
乗り換えの為エスカレーターに乗って、あれっと思った
DSC07727_R_20160817193058d0a.jpg
どのエスカレーターも右側に人がおる、伝説はほんまやった!
関東では通常は車と同じ感じで左側による、ちなみに京都では特に決まっておらず、前の人に倣う感じで
2Fでは右寄り、3Fでは左寄りなんて事がおこる、大阪からも人が来る、関東からも観光客が来る場所柄かも...
DSC07724_R_20160817193053ea6.jpg
主要駅である梅田は人でごった返していた
DSC07725_R_20160817193054092.jpg
異様に高い天井にちょっと感動
DSC07726_R_20160817193056892.jpg
まるで一つの街の様だった、一人だったら迷うなこりゃ
DSC07730_R_201608172209093e0.jpg
阪神電車発見!DSC07731_R_20160817220910e3f.jpg
関西は私鉄大国やなってつくづく思う、賑わいがちゃう
DSC07735_R_20160817220914f7f.jpg
関西には関東地方の土地の語源になった地名がそこここにあって面白い、大宮とかもそうだし
DSC07732_R_2016081722091162f.jpg
阪急電鉄のホームも掃除が行き届いていて、ガム一つなくキレイし
DSC07733_R_2016081722091208c.jpg
シンボルであるカラフルな水玉が、そこら中に書いてある
1469063633629_R.jpg
ツートンのカラーリングは色々あるのかな?
1471527809513_R.jpg
御堂筋線の方に行くと、北大阪急行のしぶい車両が見える時がある(Kitakyuで検索してもろくに出なかったレア電車?)
1469063656726_R.jpg
走り出すと外にもいっぱい停まってた
1469063649908_R.jpg
ほんのり夕焼けがキレイし
1469063666114_R.jpg
この煉瓦調の建物の右側に
1469063669379_R.jpg
本物の煉瓦倉庫がある
1469063676481_R.jpg
旧阪神尼崎発電所 [尼崎レンガ倉庫]
1469063680075_R.jpg
阪神電車尼崎駅の東側に赤煉瓦の建築物がある、この建築物は阪神電車の電力供給用火力発電所として、明治37年(1904年)に竣工した、現在はその役目を終え、資材倉庫として使用されている。
IMG_1616_R.jpg
シブくカッコいい電車がおった
IMG_1619_R.jpg
たまたまかの有名な甲子園駅やった
IMG_1622_R_2016081722480733f.jpg
阪神もやはりシンプルで車内には広告掲示は関東の半分もなかった
IMG_1623_R_2016081722480842c.jpg
旗日には、ここにちゃんと旗が交差して飾られるそうだ
IMG_1625_R.jpg
次の目的地に到着、旅はまだ続く


最後におまけ記事を載せる

1469428263936_R.jpg
1469428314468_R.jpg
1469441081874_R.jpg
TVのチャプター画面で荒いのだが、こんな感じで街中を山鉾は巡行する
鱧尽くしを食べた時に御亭主から、以前は四条通には路面電車が走っていて、山鉾巡行の時にだけ電車のケーブルが引っかかるので、ケーブルを外して移動していたと教えてもらった
IMG_1776_convert_20160821230344.jpg
こんな状態で直進は出来るが、辻回しではケーブルをどけないと曲がれないのだろう
P1030936_R_20160821231518aaa.jpg
P1030939_R_2016082123152172e.jpg
P1030938_R_201608212315202e1.jpg
然花抄院室町本店には、その頃の電車の敷石が保存転用されている

京都の老舗のお店は、関東人には気づかないレベルで、観光客の一見さん(いちげんさん)には冷たい
老舗のお店は地元のお馴染みさんだけで潤っていけるので、京都人だけでいいってのが本音である(全部ではないが)
京都弁のsanaと一緒だと、とても親切に対応してもらえるが、自分一人の時と対応が違う
そんな中でも気に入ってもらえると、とても良く対応して貰えるのだ、地元ならではの情報も手に入るかも知れない
関東人は全体的に客の方が上位に考えるが、京都では全くの逆で考えなければならない
物を買うなら分けて頂く、食事をするならお願いして味あわせて頂くぐらいの姿勢が必要になる
そんな土地柄に「金払ってんだから当然だろう」的な態度は絶対にタブーとされる
それでもこちらが失礼なく、キチンとした態度でいれば、それなりの対応はしてもらえる
観光の際には、ここは京都人の普段の生活の場であり、自分は来させてもらっているんだぐらいの気持ちが必要だ
土地の文化、風習に敬意を表した対応をすれば、ちゃんと答えてくれるだろう
あとは、地元京都弁の人と一緒に各所を巡れば、絶対に嫌な思いをしなくて済むので、京都人の知り合いを頼るのが一番確実である
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント