京都 真夏の上賀茂神社 (境内を回る)

DSC08157_R_20160830215646525.jpg
人の少ない内に奥に進む
DSC08158_R_2016082823461592d.jpg
櫻門に向かう
DSC08160_R_2016082823461776b.jpg
一礼して門をくぐる
DSC08161_R_20160828234618ce6.jpg
本殿正面から参拝する
DSC08163_R_20160828234619761.jpg
本殿を垣間見る
DSC08164_R_20160829074304b23.jpg
社殿の屋根が檜の皮で出来ているので、協力を呼び掛けている
DSC08165_R_20160829074306cc2.jpg
片岡橋を渡って行く
DSC08167_R_2016082907430770b.jpg
櫻門はとてもキレイだ
DSC08169_R_20160829074308d4a.jpg
橋殿越しに、二の鳥居を見る
DSC08170_R_20160829191908546.jpg
DSC08171_R_201608291919104c5.jpg
紫式部歌碑
DSC08173_R_201608291919117c1.jpg
神社の中を流れている清らかな流れ
DSC08174_R_201608291919124f5.jpg
その河原の岩の上にお社が立っている
DSC08175_R_20160829191914c8b.jpg
岩本神社(バランスが微妙かもしれない)
DSC08176_R_20160829231620c3c.jpg
庭園沿いをのんびり歩いて行く
DSC08179_R_2016082923162106f.jpg
渉渓園の拝殿
DSC08183_R_20160829231622f6d.jpg
山口神社
DSC08185_R_20160829231623bde.jpg
境内でこんな石が転がっているだけの場所があると思うが、これは社殿の建て替えの跡で、古くなると横移動して建て替えるのだ
、社殿とは管理されている物はちゃんと立て直しをしている、かの伊勢神宮も20年ごとに立て直している事で有名
DSC08187_R_2016082923553125b.jpg
片岡山に登っていける様だが、行っていない
DSC08189_R_201608292355323de.jpg
渉渓園に入って行く
DSC08192_R_20160829235533a16.jpg
スダジイ(睦の木)
DSC08193_R_20160829235535de0.jpg
DSC08194_R_201608292355369f0.jpg
願い石(陰陽石)
DSC08188_R - コピー
渉渓園に並んで、庁ノ舎(北神饌所)の背面が見える
DSC08196_R - コピー
回り込むと藤棚が青々と茂っている
DSC08199_R_2016083020015696b.jpg
今は時間前だが、特別展示をやっているようだ
DSC08202_R.jpg
早朝だと見れない展示もあるが、逆にだからこそ見れる景色もたくさんある
DSC08203_R_201608302001593e6.jpg
食物産業の守護神を祀る奈良神社、社殿からは出汁の香りが漂っているので、匂いでみるといい
DSC08205_R_201608302240343de.jpg
校倉
DSC08208_R_201608302240364d8.jpg
ならの小川のせせらぎが、耳に心地よい
DSC08209_R_20160830224037b4c.jpg
神事橋
DSC08211_R_201608302240384c9.jpg
石で砕ける水の音が涼しげだ
DSC08215_R_20160830232804eb6.jpg
DSC08214_R_20160830232803662.jpg
DSC08217_R_201608302328051b3.jpg
枝垂桜を満開の時に見てみたい
DSC08218_R_20160830232807be8.jpg
自分は京都の中のどの仏閣よりも、この上賀茂神社が気に入っている
誰しもお気に入りの場所ってあるだろう、自分にとってはここがそうなのだ
何か心惹かれる物を感じる場所、とても落ち着く場所
大切な場所って、見つけられたらその人は幸せなんだろうな、きっと
これをsanaに言ったら、「それを「依身(えしん)より依所(えしょ)」て言うんやない? 」って言われた
sanaは若いのに比叡山 無動寺の光永 圓道大阿闍梨さまの言葉なんて知っていて、博識さに驚いた
「心の拠り所を人との繋がりだけに求めず、心が落ち着く場所や環境を探しなさい。」って意味だ
もちろん自分はそんな事は知らず、感じたままに口にしただけであった
以前なら自分の依所は地下壕であった、誰もいない地下壕を何時間も歩き回るのが好きだった
そんな自分が日の当たる所を歩いている、心休まる場所まで見つけてしまった、不思議だ・・・
一つの出会いで人は変る、二人とも同じ場所を好きになった
これからもこの場所を好きでいつづけるだろう、
お互いが心の拠り所でいられるって、幸せだと思う
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
上加茂神社には5年ぐらい前に、、その時に茅葺の寄付をしたのを覚えてます。
遷宮のお役になったのかもしれませんね、
ここの馬場、砂ですぐの分かったのですが、
ここで神事がおこなわれるのかと、、感慨深かったです、
9日にはカラス相撲でなかったのですか??
京都がお庭のようですね。

Re: No title

はじめまして、コメントありがとうございます
sana共々貴ブログを見させて頂いております

自分が見た茅葺の屋根はその時の物かも知れませんね
ここの真っ直ぐで白と緑の綺麗な馬場がとても好きなんです
今回訪れたのはもう少し前の事になりますので、カラス相撲やその前に行われる重陽神事なども見れてはいません
1.5.9月は色々と神事が多いので、いずれ見てみたいですね
残念ながら横浜在住なので、頻繁には京都に行けないのが難点です・・・

yakumo&sana

No title

若いとき、このそばに住んでいました。

涙がでそうなほど、懐かしい・・・・

みその橋をわたり広がる上賀茂神社の風景・・・
懐かしいです。

森須もりん 様

こんばんは、コメントありがとうございます

そうなんですか、良い所にお住まいでしたのですね、羨ましいです
自分もsanaもこの場所が大好きです、何か他とは違う何かを感じられる所です
過去にも上賀茂神社の記事を上げているので、ブログ内検索フォームで「上賀茂神社」等の
検索からでも見ていただけると、より楽しんで頂けるかと思います

視界に広がった上賀茂神社の風景は、一生忘れられない物だと思います

はじめまして

いつも楽しく拝見させていただいてます。私、出身が千葉なので特に千葉編は興味深くみさせていただきました。子供の時に、多分機銃用陣地だと思いますが、友達と探検に行ったことがあり、中に入り、ろうそくに火をつけたらカマドウマが壁にびっしりといてびっくりした思い出があります。

おっちゃん様

はじめまして、コメントありがとうございます
千葉の機銃陣地ですか、千葉にはほんまに本土決戦用の陣地が多いですね
自分も東金を中心にかなりのの陣地を回りましたが、まだまだ未発見の物が
沢山有りそうです、まだ記事にしていない所も随時紹介していきます

カマドウマは集団で跳ね回るのがやっかいですね~

No title

私は横浜生まれ、港のそばで育って学校もあそこらで、、

潮の香りがしてきそう。ハロウィンにぎやかですか?

hippopon様

おはようございます
横浜のお生まれでしたか、それはまた奇遇ですね
自分は学生時代は横須賀で育ちました

繁華街にはあまり行かないので良く判りませんが
お店の中はハロインの色が濃くなって来ましたね
潮の香りは毎日匂いでますよ。