呉 鎮守府司令長官官舎 (呉市入船山記念館)

DSC08059_R_20160912124412d29.jpg
場所はここ、駅から歩く事も出来るだろう
DSC08058_R_20160912124411248.jpg
美術館前の駐車場に車を停めて入って行く
DSC08060_R_20160912124414c40.jpg
DSC08061_R_2016091212441544b.jpg
子規の歌碑
DSC08067_R_201609121423146c9.jpg
DSC08066_R_20160912142312a90.jpg
旧海軍工廠塔時計(現在も稼働中)
DSC08068_R_201609121423157d8.jpg
DSC08069_R_20160912142316a1d.jpg
番兵塔
DSC08070_R_2016091214273679b.jpg
内側を見る
DSC08071_R_20160912142738944.jpg
修理の記録が貼ってあった
DSC08072_R_201609121427394cb.jpg
DSC08073_R_2016091214274049d.jpg
元券売所、奥に新しいのが出来て移動したようだ
DSC08076_R_20160912143411173.jpg
DSC08079_R_201609121434143bc.jpg
往来安全石燈篭
DSC08077_R_201609121434134f7.jpg
中に入場していく
DSC08080_R_20160912143416d15.jpg
DSC08082_R_20160912143417423.jpg
旧高烏砲台に在った物の移設利用
DSC08085_R_2016091215365724e.jpg
DSC08090_R_20160912153659420.jpg
横須賀軍港に関する物は幾つか残っているが、呉のはあまり聞かない
DSC08091_R_20160912153700182.jpg
若干低い入り口から入っていく
DSC08093_R_2016091215370129d.jpg
内部は展示場になっている
DSC08094_R_20160912154502975.jpg
DSC08095_R_20160912154504ec1.jpg
DSC08096_R_20160912154505de2.jpg
DSC08098_R_20160912154506191.jpg
DSC08099_R_20160912154507aa1.jpg
展示物の一部(ほとんど家にある様な物ばかりだった)
DSC08104_R_20160912155142224.jpg
頭を低くして出口をくぐる
DSC08105_R_20160912155144f23.jpg
形式不明の砲身が展示してある(説明なし)
DSC08108_R_20160912155145f66.jpg
こちらはアレイからすこじまで見たような、帆船時代の大砲だ
DSC08109_R_20160912155146556.jpg
新しい資料館でチケットを買う
DSC08110_R_20160912155148989.jpg
展示場は二階となる
DSC08114_R_20160912160430c93.jpg
写真パネルが主で展示物は多くない
DSC08115_R_20160912160432d28.jpg
DSC08116_R_201609121604328bd.jpg
軍艦用練炭、塊炭では重く不ぞろいでかさばってしまうのだ
DSC08117_R_20160912160434e3a.jpg
DSC08118_R_2016091216043585c.jpg
なぜか家にもあるカップやお皿達が並んでいた
DSC08119_R_20160912161525b59.jpg
外に出て振り返ると、位置関係が良く判る
DSC08121_R_20160912161528914.jpg
DSC08122_R_2016091216152968b.jpg
軍港と言える場所には、たいがいこの手の地下タンクはあったが、未だに米軍基地か国有地となってる所が多い
DSC08120_R_20160912161526b72.jpg
呉鎮守府司令長官官舎に向う
DSC08126_R_20160912161531bcd.jpg
海が近いせいか、塩害が出ているようだ
DSC08127_R_201609121633175d0.jpg
覗き込むと立派な扉が見える
DSC08128_R_2016091216331829b.jpg
錨の文様がいい感じだ
DSC08130_R_201609121633192d1.jpg
中に入っていく
DSC08131_R_20160912163320a47.jpg
洋風かと思ったら、半分は和風の部分もある建物だった
DSC08135_R_20160912163322364.jpg
屋内なのでただ貼っていく
DSC08136_R_201609121648576dc.jpg
DSC08137_R_201609121648591a4.jpg
DSC08138_R_2016091216490042b.jpg
DSC08139_R_201609121649012ba.jpg
DSC08140_R_201609121649033d5.jpg
DSC08141_R_20160912165246246.jpg
DSC08148_R_20160912165248bda.jpg
DSC08152_R_20160912165248fdc.jpg
DSC08153_R_20160912165250f18.jpg
DSC08154_R_201609121652524aa.jpg
DSC08155_R_20160912165703444.jpg
DSC08158_R_201609121657051f3.jpg
DSC08161_R_20160912165706901.jpg
DSC08162_R_20160912165707946.jpg
一通り回ったので脱出する
DSC08165_R_20160912165710eba.jpg
火薬庫に戻って来た
DSC08166_R_20160912170152cbc.jpg
横に回ると、下に空間がある
DSC08167_R_20160912170153fcf.jpg
火薬庫に良くある防湿用の空間である
DSC08168_R_20160912170154d05.jpg
こんな物が落ちていた、ちゃんと説明板とか付ければいいのに
DSC08169_R_20160912170156d61.jpg
この辺の門柱などは当時の物だと思われる
DSC08170_R_20160912170157b6a.jpg
旧東郷邸、東郷平八郎の在任中の宿舎の一部で、正確には離れの座敷の移築である(現在休憩所)
DSC08172_R_20160912171029208.jpg
これにて呉の戦跡探訪が終了した
DSC08173_R_20160912171031ae7.jpg
実に記事が書き終わるまで1年以上が過ぎてしまった、世の中には記事にするネタが多すぎる
P1030873_R.jpg
楽しかった呉の時間も終わりを告げる
P1030875_R.jpg
後は新幹線で帰るだけ
P1030874_R.jpg
カープグッズが売っていた、さすがは広島だ
P1030871_R.jpg
偶然にも今年は優勝したようだ
P1030876_R.jpg
多分もう来れないだろう広島に別れを告げる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

広島駅も変わりつつあります。
駅の南口と東口をつなぐ自由通路も来年には完成の予定とのこと
(今は地下通路があるだけです)
南口にも大きなビルが完成して様変わりしています。
呉はそんなに変わりはありませんが、大和ミュージアムへ訪れる方は多いように思います。

いつかまたいらしてくださいね。

花梨様

こんばんは花梨様
コメントありがとうございます

日々の記事の多さに広島探訪記事が足掛け1年もかかってしまいました。
記事を書いていて大変懐かしくも感じています
港町と言う事で、地元横浜横須賀と似ている雰囲気もあり、呉は気に入っています!

出来る事なら今一度訪れてみたいと、摂に思います・・・
あと一回のまとめ記事で、広島記事はとりあえず終了します、見てもらえるとうれしいです