半田地下壕(旧磨洞温泉その他)

話は戻るが、25年1月に三重県半田に再訪した。
メンバーはいつもの4人と、二日目には「くるま道」メンバーのぱぱん氏、おろろん氏と
合流しての探索となった。
例の如く、金曜の夜に横浜を出発し、日曜の日付けが変る頃に帰宅した。
001_20130123104654.jpg一泊目はいつもの御在所SA
004.jpg今回新ネタの二段ベット(改良中との事)
005_20130123104657.jpgたたむと、こんな感じ
006_20130123104658.jpg朝パンを食べる(旨かった)
008.jpg半田に向けて、出発
DSC08601_R.jpg磨き砂採掘場跡の住宅地に寄ってみる
DSC08602_R.jpg上図①の住宅、話題になった陥没住宅は道を挟んだ右側、すでに無い
DSC08603_R.jpg見た目ちょっと壁がずれた程度だが、地下は水道管など大変な事になっているだろう(当然空家)
DSC08604_R.jpg離れて見ると傾いでいる、電柱横の白い軽辺りが陥没現場
DSC08608_R.jpg付近の住民に近くの陥没穴は無いか聞いてみた(案内してくれた)
DSC08606_R.jpg住宅の裏手は陥没跡だらけだった、これでも土地は販売中!
DSC08610_R.jpg
DSC08613_R.jpg
DSC08614_R.jpg
DSC08616_R.jpgT大の学生を見ていない壕に案内する
DSC08618_R.jpg斜壕を下る
DSC08632_R.jpg足元には穴がある
DSC08620_R.jpg穴の中は水没壕になっている
DSC08623_R.jpgしかし、前回より水が減っている
DSC08624_R.jpgペグが撃ってある、誰か降りた事があるのだろう、降りたい
DSC08633_R.jpg壕口は頑丈なコンクリートで固められているのでそう簡単には崩れないだろう  三重県 半田地下壕(斜壕穴付き)
DSC08640_R.jpg旧磨洞温泉を壕口から今日は見るだけ(今回の写真)
DSC06816_R_20130123115247.jpg前回入水している自分には水位がほとんど変ってないのは、分っていたが、減っていると言って置く(前回写真)
DSC08643_R.jpg周辺地図、磨洞別館が現在の磨洞温泉「涼風荘」になる
DSC08644_R.jpgこの裏手に廃車があった
DSC08647_R.jpg10年ぐらいかけて、レストアしたらまだ使えそうだ
DSC08648_R.jpg前回気づかなかった、小壕があった
DSC08651_R.jpg鬼門である通称スイッチバック壕に入る
DSC08652_R.jpgスイッチ部分
DSC08653_R.jpg今回は入念に非常用の竹を落としておく
DSC08654_R.jpg魔空間、再訪
DSC08655_R.jpg脱出の足場に使った足場の竹が移動した跡がある、そんな訳あるかとメンバーに笑われたが、はまった自分が悪いので何も言えない。(光点がはまった跡)
DSC08657_R.jpg今回は泥も固まり、スニーカーで通過出来たが、その先に!
DSC08658_R.jpg滑る床の真ん中に50cm大の穴がある、下層がある
DSC08659_R.jpgすぐ近くにも開いている、計3個
DSC08660_R.jpg先は水没で侵入出来なかった
DSC08663_R.jpg壁に穴が有る
DSC08664_R.jpg覗くと黄色い壕が
DSC08662_R.jpg明日また来る事にして、装備も無いので退散する  三重県 半田地下壕(携帯紛失壕)
013.jpgその日は関の道の駅に泊まった
DSC08683_R.jpgぱぱん氏と合流後、
DSC08687_R.jpgトロッコ軌条のある壕に移動
DSC08689_R.jpg
DSC08690_R.jpg変りは無い
DSC08691_R.jpgおろろん氏と合流
DSC08692_R.jpg近くにトロッコのレールで柵をされている小壕が見つかる
DSC08641_R.jpg旧魔洞温泉に入壕する
DSC08696_R.jpg先頭で入水するが、やはり水位はほぼ変っていないが、暗示はかけてある
DSC08697_R.jpg前回は行かなかった辺りまで前進する、ぱぱん氏も入水
DSC08698_R.jpgこの辺は総コンクリート巻きだ
DSC08699_R.jpgコンクリートの厚みはまちまちだ
DSC08702_R.jpgフロントの電話と天井から落ちた空気ダクト
DSC08703_R.jpg上の方のコンクリートはかなり薄い、崩れ落ちた感じでは無いので、コンクリートが欠乏したのだろう。
DSC08704_R.jpgコンクリはある所と無い所がはっきりしている
DSC08705_R.jpg壁面無し、枝抗のみコンクリ巻き
DSC08706_R.jpg行けるとこまで行って見たが、深さ的に限界
DSC08707_R.jpgここだけ厳重に鉄骨で閉鎖されている
DSC08711_R.jpg右側最深部
DSC08712_R.jpgこの頃になると様子を伺っていたメンバーも入水しだす、他の壕が水位が減っていたので、水が引いていると言う暗示が効いたか
DSC08714_R.jpg反対側
DSC08715_R.jpgコンクリート半巻き、泥が柔らかく、踏破不能
DSC08721_R.jpgこの薄さはやはり、材料が無かったんだろう
DSC08722_R.jpgもちろん鉄筋ではなく、木筋である
DSC08723_R.jpg後の未確認はこの通路のみである、しかしコンクリートの床がここで切れている為、進めない
戯れに床のコンクリートの下につま先を入れて見たら、がらんどうだった、やばいので退散する。
DSC08728_R.jpg外に出ると、田んぼ脇の排水溝にに壕方向から水が出ている、地下の水脈から壕内の水が排水されて、均等に保たれている原因かも知れない
三重県 半田地下壕(旧磨洞温泉)
DSC08765_R.jpg暫く歩くと、寝仏が見えた
DSC08766_R.jpgこの辺には地番も無いのだろうか?
DSC08767_R.jpg釜ヶ谷池
DSC08774_R_20130123144905.jpg前回紹介部分DSC08784_R_20130123145745.jpg壕内を軽く踏破
DSC08796_R_20130123145746.jpg反対側に出て、雑談している間に、動画を撮りに戻る
DSC08801_R_20130123145747.jpgそして発見した、メンバーを呼びに戻る
DSC08809_R.jpg大げさだ、誇張だと言われながらも案内する。ここでタイムアップ
024.jpgサイゼリアで食事後解散、途中で寄ったSA
022.jpg
023.jpg綺麗な電飾がしばしの慰めになる、榴弾砲さんがバッテリー切れで写せないと、残念がっていた。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした

トロッコ軌道、お陰様ですごいものを見ることができました。
横須賀の地下壕でも枕木跡が残るものはありますが、ここまで残存しているものは初です。
案内してくれた子どもたち、写真撮ってたんすね(笑)
外で元気に遊びまわる姿がよかったですねー。
夜景綺麗です。

こちらこそ

お疲れ様でした、もう少しじっくりと周りたかっただろうけど、時間が無くて悪かったね。
初見の所って見るとこ多くて、素通り通過しにくいもんね!
じっくり探せば見つかる物もある、もう一度見れば新たに見つかる物もある
自分の基本は同じ所も何度でもです。
バッテリーは互換性が無くて困るね~、自分は予備を持ってるけど、合致しないと意味無いしな~。
また、来月どっか行こう!

No title

2月はトロッコ軌条壕の再調査と、旧磨洞水没壕のボート攻略かな!?
日が合えば是非!

お疲れ様

津市地下壕 居住区とゆうタイトルでFC2動画に美女の里が出てますけど、とのさんですか?
http://video.fc2.com/content/20121208r5xsGM7Z&suggest

No title

いや、違うよ。
美女の里については、問い合わせがたくさん来たから、そのうちの誰かが行ったんじゃないかな!?

ですね

自分等とくるま道メンバーなら、津市地下壕なんて書き方しないだろうし。
とのさんが行ったのは12月の15日だけど、この動画は12月8日に登録されてます。
ちょうど、一週間前に行ったようですね?