京都 伏見稲荷大社(御旅所)

IMG_1953_R.jpg
御旅所(おたびじょ)とは、祭礼のときに神輿を本宮から移し一時的に奉安する場所の事で、伏見稲荷大社の御旅所は、かつては「油小路七条」と「八条坊門猪熊」の2ヶ所にあったそうだが、豊臣秀吉が一つに合わせてこの地に移したと伝えられている。
普段は静かな御旅所だが、4月・5月の稲荷祭の期間には一変し、大変賑わうそうだ。
稲荷祭は、毎年4月20日に一番近い日曜日に行われる神幸祭と、5月3日の還幸祭、その間に氏子祭(区内巡幸)という3行事1セットの大きな行事です。
大社自体はもっと南東に下った所にあるので間違わないように。

IMG_1868_R.jpg
京都駅の南側は、北側ほど煌びやかではない
IMG_1955_R.jpg
駅のコインロッカーにいろんな花の絵が描いてある
IMG_1956_R.jpg
IMG_1957_R.jpg
IMG_1958_R.jpg
自分が何の花に荷物を入れたか覚えやすくする為だろう、気遣いだなぁ~
IMG_1954_R.jpg
新幹線と近鉄京都線の交差点
IMG_1869_R - コピー
京都駅を出て南西、油小路を東寺に向う
IMG_1870_R.jpg
伏見稲荷大社に徒歩10分程で到着
IMG_1872_R.jpg
一礼して鳥居をくぐる
IMG_1873_R.jpg
誰一人いない境内が大変宜しい
IMG_1874_R.jpg
右を見ると、稲荷社と末社摂社が並んでいる、向って右から紹介する
IMG_1875_R.jpg
大神宮、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受皇大神(とようけのすめおおかみ)
IMG_1876_R.jpg
稲荷社、稲荷大神(いなりおおかみ)
IMG_1877_R.jpg
上命婦社、上之命婦(かみのみょうぶ)
IMG_1878_R.jpg
下命婦社、下之命婦(しものみょうぶ)
IMG_1879_R.jpg
IMG_1883_R.jpg
「六齋念仏踊り」などを踊る神楽殿
IMG_1880_R.jpg
不明だが、5ブロックあるようなので、各御神輿の用具庫かと思われる
IMG_1882_R.jpg
北側の鳥居
IMG_1884_R.jpg
神輿奉安所兼社務所(ここに御神輿を5基格納出来る)
伏見稲荷大社のお神輿の巡幸は、大社からこの御旅所までトラックで移動する
実は、トラックを使用するのにも理由があり、現在の伏見稲荷大社の境内の周辺付近は、京都・藤森神社の巡幸する地域(氏子地域/その神社の地域に住む住民のこと)とされている、要するにテリトリーが違うのだ、他の神社のを荒らす訳には行かない苦肉の策であったが、珍しいトラック巡航として注目を浴びる事になっている。
(トラック巡航の画像検索)
IMG_1885_R.jpg
二丸大明神
IMG_1886_R.jpg
昔使われていた水桶なのだろう
IMG_1871_R.jpg
一回りしたので次に向う
IMG_1887_R.jpg
この通りには辻地蔵が多い
IMG_1888_R.jpg
正に同じ物が全く無いので、見ていて飽きない
IMG_1889_R.jpg
新築のお家にもしっかりと移動されず引き継がれている、京都の良き慣習
IMG_1890_R.jpg
京都のゴミは、このように一軒毎に家の前に出す、変なもの出したらすぐバレてしまい、あの家はあかんでって噂が知らない内に広まって行くシステム、ある意味京都にマッチしているだろう
IMG_1891_R.jpg
次なる目的地が見えて来た
IMG_1892_R.jpg
目的地、東寺に到着!

10/19よりsanaの部屋を公開します、下記目次にて公開予定を掲示してますので、お楽しみに!

sanaの部屋 京都グルメ 目次

 Instagram インスタグラム 「 sana の部屋 」 もよろしくね!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント