京都 平安神宮

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。
 当時、京都の衰退ぶりは目を覆うものがありました。幕末の戦乱で市街地は荒廃し、明治維新によって事実上首都が東京へ遷ったことは人々の心に大きな打撃を与えました。
 その状況下で京都を救ったのは、京都復興への市民の「情熱」と全国の人々の京都に対する「思い入れ」でした。数々の復興事業を展開し、教育、文化、産業、生活などすべての面において新しい京都が模索され、同時に古き良き京都の維持継承に力が注がれたのです。
 これらの熱意と一連の町おこし事業が見事に結実して、平安神宮が創建されました。
 千年以上も栄え続けた雅やかな京都を後世に伝えるために、京都復興にかけた多くの人々の遺志を後世に伝えるために、四海平安の祈りを込めて創建されたのです。
 その後、皇紀2600年にあたる昭和15年には、市民の懇意によって平安京有終の天皇、第121代孝明天皇のご神霊が合わせ祀られ、「日本文化のふるさと京都」のおや神様として広く崇敬を集めることとなりました。
(公式より転載)
keidaizu2014_R.jpg
(公式境内図)
今まで近くを通っても、何度かスルーして来た平安神宮だが、間近かまで来たので寄って見た
平安神宮は明治28年3月15日創設で、かなり歴史が浅いのだ、京都の人に言わせると「百年二百年なんて、昨日今日の事や」と言う考えが当たり前なのだ。

平安神宮の社殿は、桓武天皇いた当時の平安京の正庁、朝堂院が8分の5の規模で再現されている他、縮小再現版でもある
IMG_2226_R.jpg
広い参道は、観光客で賑わっている
IMG_2229_R.jpg
明治建築物らしい物があったが、なんら説明文もない
IMG_2232_R.jpg
信号を渡ると平安神宮に達する
IMG_2231_R.jpg
この鮮やかな朱塗りには魔除けの意味がある、古くから朱が魔除けの色として使用されている
IMG_2233_R.jpg
まずは手水舎で清める
IMG_2234_R.jpg
応天門(應天門)IMG_2236_R.jpg
上層の屋根にある扁額は、弘法大師空海が書いた物で、應」の一番上の点を書き忘れ、まだれをがんだれにしてしまった。空海は掲げられた額を降ろさずに筆を投げつけて書き直したといわれている、「弘法も筆の誤り」のことわざの所以である。
IMG_2237_R.jpg
應天門をくぐる
IMG_2240_R.jpg
広い空間の先に大極殿が見えてくる
IMG_2241_R.jpg
内部の手水舎にある、都の西を守護する白虎(びゃっこ)の像
IMG_2248_R.jpg
IMG_2249_R.jpg
白虎楼
IMG_2276_R.jpg
都の東を守護する蒼龍(せいりゅう)の像
IMG_2242_R.jpg
蒼龍楼
IMG_2245_R.jpg
古いお守りやお札を返納する古札納所
IMG_2250_R.jpg
「右近」の「近」は天皇の親衛隊である近衛兵の「近」を意味する、天皇の右側にいる近衛兵は右近の橘のあたりに控えてた
IMG_2251_R.jpg
右近の橘、大極殿は国家行事を行う正殿であり、ここに座る天皇から見て右側にある橘は「右近の橘」と名付けられた。
IMG_2252_R.jpg
平安時代初期には「桜」ではなく中国を代表する花の「梅」が植えられていたが、
IMG_2253_R.jpg
仁明天皇の時代に国花である「桜」に替わった
IMG_2255_R.jpg
IMG_2256_R.jpg
大極殿は朝堂院のメインの建築、当時の大極殿内部中央には天皇の座である高御座(たかみくら)がおかれていたそうだ
IMG_2257_R.jpg
平安時代の栄華を偲ぶのことのできる唯一の建物だそうだ
IMG_2260_R.jpg
遠めに見ると御神輿がある
IMG_2261_R.jpg
時代祭りの片付けをしているようだ
IMG_2266_R.jpg
中々解体のシーンなど見れる機会は無いのだが、良い所に巡り合ったようだ
IMG_2268_R.jpg
重要部分は白服の神社関係の人が手を下していたが、概ね職人さんがやっていた
IMG_2269_R.jpg
飾り鳥も専用の収納具があるようだ
IMG_2270_R.jpg
堂内は撮影禁止なので、こんな所からズームで撮っていたりする
IMG_2262_R.jpg
ずっと見ていたかったが、切が無いので引き上げる
IMG_2279_R.jpg
戻りしな、トイレの一文が気になった「舞妓体験処心のトイレ」とある、なんなんやろ?
IMG_2280_R.jpg
平安神宮を後にする
IMG_2283_R.jpg
慶流橋…明治28年に開催された第4回内国勧業博覧会会場の正門の橋として同年4月1日に開通した橋である
IMG_2282_R.jpg
欄干に何か書いてあった
IMG_2284_R.jpg
お堀端にほんのり色づき始めた紅葉が見えた
IMG_2286_R.jpg
犬やらいに囲まれた旧家も良い味わいだ
IMG_2288_R.jpg
大鳥居…昭和3年に昭和天皇の御大典が京都で行われたのを記念して、平安講社が同4年3月25日に造営したもの。現在では岡崎公園のランドマークとなっている日本有数の朱の大鳥居である。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント