横浜赤レンガ倉庫周辺施設(新港埠頭保税倉庫)

横浜港の名物として、横浜赤レンガ倉庫が有名だが、他にも当時の物はある。
横浜みなとみらい21地区にある、大正から明治にかけて整備された港湾施設を紹介する
戦後米軍に摂取され、横浜税関に連合国軍最高司令官総司令部が置かれた事もあり
煉瓦倉庫壁面に機銃掃射痕と言われる跡もあるので、戦跡と言えなくも無いが、今の状態を
考えると、当時の港湾施設として紹介する。
内部は昔の面影は殆んど残っていないが、一部床下がガラス越しに見える様になっていたり
扉の一部が残っていたりする。
外部はかなりオリジナルに近いが、綺麗に塗装し直されてる、2棟ある片方が短いのは
関東大震災で倒壊したせいで、断面は補修されている。
DSC01854_R.jpg
DSC01856_R.jpg
DSC01711_R.jpg
DSC01869_R.jpg
DSC01867_R.jpg外観的には長さ以外同じ様な物だ
DSC01864_R.jpg当時のエレベーターは短い方にある
DSC01714_R.jpg
DSC01715_R.jpg
DSC01862_R.jpg
DSC01863_R.jpg
DSC01716_R.jpg
DSC01861_R[1]
DSC01721_R.jpgこの鐘は自由に鳴らせる
DSC01868_R.jpgこのテラスはオリジナルの再塗装
DSC01858_R.jpg小窓にも鉄扉が付く
DSC01859_R.jpg外部の扉はほとんどオリジナル
DSC01857_R.jpg
DSC01713_R.jpgリベット感がいい味を出している
DSC01717_R.jpg店内に残されたオリジナルの扉
DSC01865_R.jpg逆さだが排水パイプに昭和3年の刻印がある
DSC01870_R.jpg昭和の後の年号が読めない
DSC01872_R.jpg
DSC01873_R.jpg
DSC01874_R.jpg機銃痕と言われる物、コンクリートで補修されている
DSC01849_R.jpg当時の貨車のプラットホーム
DSC01929_R.jpg数年前の50Tクレーン
DSC01930_R.jpg戦前から現在まで稼動可能状態を保つ
DSC08816_R.jpg田宮模型でこんなのあった気がする
DSC08817_R.jpg護衛艦出港時に艦上から撮る
DSC01831_R.jpg24年のクレーン、お色直しされている
DSC01832_R.jpg
DSC01833_R.jpg
DSC01836_R.jpg
DSC01843_R.jpg見比べると、クレーンの角度が違う、確かに稼動出来る様だ(現在荷役使用はしていない)
DSC01935_R.jpg、旧横浜船渠株式会社第一号船渠
DSC01946_R.jpg先代日本丸
DSC01948_R.jpg二度とこのゲートを出る事は無いのだろうか?
DSC01949_R.jpg名盤は破損し、明治三十までしか読めない
DSC01951_R.jpg循環器の気泡
DSC01953_R.jpg有料公開中
DSC01936_R.jpg第二ドライドック
DSC01937_R.jpgかなりいじられているが、全体的に見渡せる
DSC01938_R.jpg自由に降りれるドックは少ない
DSC01939_R.jpg当時のままの階段
DSC01940_R.jpg扉は船で出来ている
DSC01941_R.jpg基本的に下段数段しか登れない
DSC01943_R.jpg噴水広場になっている、ここに居るとレストランの客に注目される
DSC01944_R.jpgドック内部には飲食店が並んでいる
DSC01945_R.jpg雨が酷くなって来たので、さっさとバイクで帰る、他には鉄道橋なども遊歩道として残っている。
DSC04415_R.jpg帰ろうと思ったが・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント