千葉 野々塚山抵抗陣地(セカンドアタック)

年内最後のアナリスト戦跡調査に参加して来た!
今回は年末と言う事もあり、人数的には小規模だったが、その分機動力の高い探索になった
隊長が療養不参加、主戦力マッキーがまさかの仕事でキャンセルと戦力ダウンであったが
来れなかった人の分まで頑張って成果を出そうと張り切ってスタートした。
DSC00106_R_201612232336263b2.jpg
ゆっくり目の集合時間に合わせ、のんびりと首都高からアクアラインへ
DSC00107_R_201612232336288ba.jpg
しかし、アクアの入り口からまさかの大渋滞、原因の二台を過ぎるとガラガラだった
DSC00108_R_20161223233629374.jpg
30分ほどロスしたが、急げば間に合いそうだ
DSC00110_R_20161223235713b40.jpg
何とか予定時刻に到着した、本日の探索予定をマップで検討する
DSC00111_R_201612232357151b6.jpg
アタックポイントを絞り兼ねていた所に、元自衛官の区長さんが登場
DSC00113_R_20161223235715493.jpg
あの山のてっぺんの木の近くだと教えてもらった
DSC00115_R_201612232357188e9.jpg
山の所有者様と共に案内して頂いた(区長さんはここで撤収)
DSC00117_R_2016122423003716b.jpg
所有者の方の話だと子供の頃良く遊んだ場所だとの事
DSC00119_R_20161224230039f02.jpg
しかし、子供の頃とはン十年前の事、山は原始へと戻っていた
DSC00120_R_2016122423004199e.jpg
本当に合ってるのかこの道?と思いたくなる様な原生林をひたすら登って行く
DSC00121_R_20161224230042496.jpg
今回は機動力重視のメンバーが揃っているので、難なく登って行く
DSC00122_R_20161224230043a78.jpg
山頂に到着すると、禿山に植林をしている開けた所に出た
DSC00124_R_20161224231448980.jpg
「あったぞ!」の声に近寄ると、壕口が二つ開いていた、アタックポイントこそずれたが、確かにあった!
DSC00123_R_20161224231446426.jpg
壕口は人の出入りに十分な大きさの物だった
DSC00127_R_201612242314490f0.jpg
しかし、5m程で陸軍式に狭まった幅になって行く
DSC00128_R_20161224231451a6f.jpg
攻められた時の為に、直線的に撃たれない様に曲がりくねった壕の形
DSC00130_R_20161224231451478.jpg
入り口付近にはベンチを備えた、生息室があった
DSC00131_R_20161224233451e16.jpg
左側に進むと
DSC00132_R_20161224233452039.jpg
外から見たもう一つの開口部に出た
DSC00133_R_2016122423345302a.jpg
振り返ると一つ目と同じ様な構造をしていた
DSC00134_R_20161224233455f62.jpg
そのまま奥に進むと
DSC00135_R_20161224233457aab.jpg
すごい物が見えてきた
DSC00138_R_201612242345495f6.jpg
重機関銃の銃座が現れた
DSC00139_R_2016122423455046c.jpg
銃眼は県道の方向を向いていた、高所から撃ち下ろす形の機銃座だ
DSC00141_R_2016122423455263b.jpg
先の生息室を通り、最初の通路へ向う
DSC00144_R_201612242345542b0.jpg
奥へ進むとパパさんが何かを見ている
DSC00147_R_201612242345552f0.jpg
こちらにも同様の銃機関銃銃座があった、状態はこちらの方が良い
DSC00151_R_20161225234830a57.jpg
支保の役目と思われる木材も残っていた
DSC00150_R_201612252348298ac.jpg
銃眼は残念ながら、ほぼ埋没(外側からは見つからなかった)
DSC00156_R_20161225234831852.jpg
GPSで確認すると、確かに県道を狙っている
DSC00157_R_20161225234833bfd.jpg
内部調査を終え、外部の調査に入る
DSC00158_R_201612252348354ec.jpg
壕の上の部分にも、機銃座が確認出来た
DSC00160_R_20161227141726b45.jpg
切り立った斜面を降りて行き、銃眼を確認する
DSC00165_R_20161227141732853.jpg
こんな斜面なので、お勧めはしない(のだの人は平気で降りるけど)
DSC00162_R_201612271417284df.jpg
付近には人工的に削られた階段も確認出来た
DSC00163_R_20161227141729e81.jpg
埋って見づらいが、いわゆる蛸壺(タコツボ)である稜線沿いにいくつか残っているようだ
DSC00164_R_20161227141731a47.jpg
一通りの調査を終え、山を降りる
DSC00168_R_20161227143908d15.jpg
御案内頂いた地主様にお礼を述べ、再度の立ち入り許可も頂いた
DSC00167_R_20161227143907f78.jpg
あの原生林の中、案内して貰わなければ、発見は困難だっただろう、ありがたい事だった
DSC00171_R_201612271439105f1.jpg
一つ隣の山も調査してみる
DSC00173_R_2016122714391115e.jpg
山頂まで登っては見たが、全く痕跡が見つからない
DSC00175_R_20161227143912f4b.jpg
勾配も急で、探索困難とし撤収する
DSC00178_R_20161227145100ddc.jpg
見つけたのはショットシェル一つだけだった
DSC00179_R_2016122714510226b.jpg
地主さんから他には前回見つけた辺りにしか無いよと聞いていたが、確認の為の調査だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント