千葉 大月28cm榴弾砲陣地発見!(第一砲座)

長い間限られた文献の片隅にしか記述が無く、ネット上では誰一人発見した居なかった大月28cm榴弾砲陣地。
ついに房総半島戦跡考古調査会(アナリスト)が発見に至った!
僅かな情報を素に、当たりを付けた山がドンピシャにヒットした、綿密なる下調べの成果である
アナリストは、今回もやってくれました。
本来午後の探索の成果で、午前の成果もあるのだが、興奮している内に新発見ネタを記憶の鮮明な内にやっておく
メンバーのつぶやき「明日になったら記憶がぼやけそうで」になるほどなと思ったのだ。

便宜上、先に見つけた方を第一砲座とし、後で見つけた方を第二砲座として紹介する

DSC00966_R_201701022223537e4.jpg
昼飯を食べた後、検討会に入る
DSC00968_R_2017010222201287b.jpg
車で行ける所まで行き、後は徒歩で山に入る
DSC00969_R_20170102222013af0.jpg
人里を離れ、しばらくすると、怪しい場所を発見した
DSC00970_R_20170102222016ca1.jpg
開いている、以外に早い発見に付属壕の一つだろうと思っていたが
DSC00974_R_20170102223110238.jpg
この綺麗な造りは大物の予感がした
DSC00975_R_20170102223111940.jpg
崩落が若干あるがガレは少ない
DSC00976_R_20170102223113acc.jpg
入り口の直線最奥に爆風避けの穴が掘られている、この形状は砲側庫によく見られる
DSC00977_R_2017010222311443c.jpg
左右に伸びる通路の左側に進む
DSC00978_R_2017010222311689d.jpg
対面ベンチ付きの棲息部だ!間違い無く砲側庫を発見したのだ
DSC00980_R_201701022254597ac.jpg
ベンチ部分には板を貼ってあった当時の釘がいくつか刺さっていた、板は建材に持ち去られたのだろう
DSC00981_R_201701022255016fa.jpg
左側の最深部は掘りかけの様だった
DSC00982_R_20170102225503d8b.jpg
まだズリが残っていた
DSC00983_R_2017010222550384a.jpg
引き返しつつ、入って来た開口部を見る
DSC00984_R_2017010222550544e.jpg
所々岩盤が剥離して崩落をしている
DSC00986_R_20170102230411ada.jpg
中間地点辺りには、四角く整形されて扉でもあった様な所を見かける
DSC00988_R_20170102230412e83.jpg
砲側弾薬庫、支保抗のあとが残っている
DSC00990_R_20170102230413760.jpg
ガレの無い部分の足元を見てみると
DSC00992_R_2017010223041535a.jpg
コンクリートのタイルを貼ってある、砲弾を転がして運び出せる様に傾斜を付けてある
DSC00993_R_2017010223041671f.jpg
ここの壁には木杭が二本打ち込まれている
DSC00997_R_20170102231828447.jpg
防湿用に隔壁でも設けてあったのだろうか?
DSC00998_R_20170102231829e77.jpg
ガレ(ズリ?)が酷い部分もある
DSC00999_R_201701022318305c0.jpg
右通路の先が見えてきた
DSC01001_R_2017010223183385a.jpg
その手前の弾薬庫
DSC01004_R_201701022318331cf.jpg
奥の硝石の染み出している所に
DSC01006_R_20170102232451708.jpg
木製の壁を設けていたのだろう、釘で打った木片が残っていた
DSC01007_R_20170102232453e63.jpg
頭上にも釘が刺さっており、こちらは照明用であろう
DSC01008_R_201701022324545e5.jpg
通路に木杭の跡があるが、対面の壁には無いので、柵では無いだろう、用途不明
DSC01009_R_2017010223245622d.jpg
砲側庫右側突き当たり、左右には延びている
DSC01011_R_201701022324574ae.jpg
左側に行ってみると若干狭い通路で、コンクリートは引かれていない
DSC01016_R_201701022336086f6.jpg
左側最深部から見ると、開口部がもう一つある
DSC01017_R_201701022336096aa.jpg
こちら側の開口部は、明らかに未整備だ
DSC01018_R_2017010223361082f.jpg
しかし途中に四角く切られた部屋が一つある
DSC01019_R_201701022336124b7.jpg
開口部を外から見た
DSC01020_R_20170102234122712.jpg
まだメンバーは壕内にいる様なので、先に砲座を探しに行く
DSC01021_R_201701022341241a0.jpg
一山回り込んだ所に、あっさり砲座を発見した
DSC01024_R_20170102234125f19.jpg
8m程度の円形の砲座なんだが、肉眼で無いと良く解らないだろう
DSC01028_R_2017010223412606a.jpg
上に登ってみた
DSC01029_R_20170102234128eb4.jpg
これなら何とか解ってもらえるだろうか?
砲座にはコンクリートの跡も無く、備砲前に終戦となったのだろう、砲側庫自体も未完成だし

第二砲座に続く
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様でしたっ!

本日はお疲れ様でしたっ!
大月の発掘は大戦果でしたねっ★

yakumo先生のブログで
便宜上で呼称している名称で
当ブログにて内部図を
一時的に公開しますねっ!

早朝までに仕上げますので
もう少しお待ちくださいっ!

祐実総軍三等兵様

探索参加メンバーの方々お疲れ様でした!
記憶の鮮明なうちにちょっと書いておきました
帰りも3時間ほどで帰れたので時間的にも余裕有りましたしね、アナリストの活動は新規発見に重点を置いているので、探索者としては楽しくて仕方有りません!
また次回もみんな集まれるといいですね。

おつでした。

お疲れ様でした。
帰ってからブログ更新とは体力ありますねーー
自分は風呂入って即寝ました(^ー^)
例の一件で( ̄▽ ̄;)
一時は弱気になりかかりましたけど、
最後まで攻めて、攻めて……
やっぱ良かったですね。
まあ、それがうちの会の趣旨だから!
ということで、今回も新ネタゲット(^ー^)(^ー^)
大成果ということで!
後編も期待してますよ。
それと次回探索も頼りにしてまっせ。

ねこさん

お疲れ様でした!
ねこさん、隊長はじめ、アナリストの方々には大変感謝しております
毎回楽しい探索に同行させて頂いて、未見の戦跡を案内していただけるなんて感謝の極みです!
自分に有るのは機動力と経験によるカンだけなので、そっち方向で尽力させて頂きます!
次回の探索も楽しみにしていますね。

yakumoさん こんばんわ!

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

いつも、綿密な取材に圧倒されております!
今年も、楽しみにブログ拝見させていただきますので、
よろしくお願いします。

小熊のプルー 様

あけましておめでとうございます
新年早々から、相変わらずな事をやっています。
自分に有るのは昔鍛えた体力とスキルのみですから、これが合っているのでしょう
ガンダムは来年3月で終わりですか、永久保存だと思っていて、見に行っていませんでした

今後とも宜しくお願いします!