千葉 高井ヶ谷28cm榴弾砲陣地再訪(2017.1)

先日記事にした大月28cm榴弾砲陣地と対を成す施設が此処となる、この地区には4門が設置予定だった
その内の1門がここに設置されるはずだったのだ
以前にも二度ほど訪れていたが、今回は大月との対比をする為に再訪した

DSC01096_R_20170103230146d85.jpg
早速山に入って行く
DSC01097_R_2017010323014697e.jpg
と言っても場所を知っている戦跡は安易に到達する
DSC01098_R_20170103230149f6a.jpg
現地に到着、ここは以前に公開をしようとして、綺麗に整備したのでもの凄く状態が良くなっている
DSC01099_R_201701032301512ba.jpg
砲座は以前は完全水没だったが、水が抜けて解りやすくなっていた
DSC01100_R_20170103233017be0.jpg
これでも大分見やすくなっている
DSC01101_R_20170103233019661.jpg
砲座右側には、塹壕が残っている
DSC01103_R_20170103233020cd0.jpg
比較の為にざっと内部を見て行く、隔壁を付ける部分は良く似ている
DSC01105_R_20170103233021f82.jpg
十字路、左右に伸びるのが、メイン通路となる
DSC01107_R_20170103233743e2a.jpg
真っ直ぐ進む道
DSC01108_R_20170103233745db5.jpg
とりあえず右に進む
DSC01109_R_20170103233746920.jpg
兵員生息室、大月のと同一だが、若干短い
DSC01111_R_20170103233747ac4.jpg
右方向の奥は低く閉塞している
DSC01114_R_20170103233749a90.jpg
十字路を左方向に進んだ最初の弾薬庫、綺麗に掃除されて見やすくなっている
DSC01115_R_20170103234504914.jpg
来た方向を振り返る
DSC01116_R_20170103234505037.jpg
左方向に進んで行く
DSC01117_R.jpg
二本目の弾薬庫、コンクリート敷きで軽いスロープになっている
DSC01118_R_201701032345089a9.jpg
左方向の隔壁の跡、その先は行き止まりになっている
DSC01119_R.jpg
メイン通路右にある、爆風よけ
DSC01106_R_20170103235214948.jpg
十字路部分にはコンクリートで固めた支保抗の跡があるDSC03763_R.jpg
同じ様な坑木の跡がある
DSC03766_R_20170104000111382.jpg
壁面にもやはり2つの穴が開いていた
DSC01120_R_201701032352160e4.jpg
外部に出て二人を追いかける
DSC01121_R_20170103235216a22.jpg
外部から見た壕口
img002_R.jpg
絵葉書見つけたから貼っておく
DSC01122_R_201701042053413bd.jpg
砲側庫の前の塹壕を辿りながら、山頂方向を目指す
DSC01124_R_2017010420534397c.jpg
野生化したソテツの畑を垣間見ながら先に一人で山頂に一気に登る、無かったら無駄骨だし被害者は一人でいい
DSC01128_R_20170104205346ef0.jpg
しかし山頂ではあっさり地下壕と観測所を発見!無線機で下のメンバーに報告する
DSC01127_R_20170104205345f17.jpg
地下壕自体は小さなもので、観測員が雨露をしのぐ程度の休息所のようだ
DSC01132_R_20170104205347100.jpg
反対側はほとんど埋没していた
DSC01129_R_20170104211333d3b.jpg
こちらが鍵穴状に掘られた観測所
DSC01131_R_20170104211335a2e.jpg
壕との位置関係はV字型
DSC01133_R_20170104211336c2b.jpg
地下壕の側には、竪穴が大穴を覗かせていた
DSC01137_R_20170104211338880.jpg
高さ5mほどだろうか?落ちたらヤバイ
DSC01139_R_20170104214201b72.jpg
この他にも観測所が有るようなので、探そうとも思ったが、そもそも現在地も良く判らない
DSC01141_R_2017010421420313a.jpg
太陽も大分傾いている、この地に着いた時点で夕方近かったのだ、この道も無い斜面を降りなければならない
DSC01142_R_20170104214205024.jpg
も数十分で日没だろう
DSC01143_R_20170104214206103.jpg
ソテツ畑まで帰って来たが、外は明るく見えるが、山の中は薄暗くなっている
DSC01144_R_201701042142075a3.jpg
もはや本当にまずくなって来たので、斜面を落ちる様にショートカットして下山した
DSC01157_R_201701042155081a7.jpg
正月の帰省者の波に乗りながらのんびり横浜へ帰る
DSC01162_R_201701042155093ec.jpg
ちょっと工場萌えなどしながら帰ると三日月と金星が見えた
DSC_1284_R.jpg
少人数だったが、実に内容の濃い探索が出来た、午前の探索もその内上げます!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント