I市に眠る白土鉱山 その5

DSC02579_R_20170226161929109.jpg
メイン通路に戻ってみる
DSC02580_R_20170226161931c5f.jpg
トロッコの枕木跡がくっきり残っている
DSC02581_R_20170226161932c7d.jpg
これだけしっかりしているのもあまり無いなぁ~
DSC02582_R_20170226161933459.jpg
右側の方も見てみる
DSC02583_R_20170226162757715.jpg
急激な湿度の上昇
DSC02584_R_20170226162759d5a.jpg
横方向にも連絡抗はちゃんとある
DSC02585_R_20170226162800439.jpg
湿度の原因、水没しきった部屋
DSC02586_R_20170226162802578.jpg
どうやら下り傾斜で溜まってしまうようだ
DSC02588_R_20170226162803677.jpg
横通路の天井は綺麗だ、崩落も無い
DSC02589_R_2017022616544159c.jpg
残念ながら左側は完全水没で、探索不能になっている
DSC02590_R_201702261654432ee.jpg
なにやら金属部品が堕ちている
DSC02592_R_20170226165443471.jpg
メイン左側の奥の方に移動する
DSC02597_R_201702261654452af.jpg
かなり堀が深くなっている
DSC02598_R_20170226165446fe4.jpg
左の連絡通路、堀かけで階段状になっている
DSC02599_R_2017022620172580c.jpg
とりあえず真っ直ぐ進む
DSC02601_R_20170226201727549.jpg
この通路の最奥部、右にも掘ろうとした跡がある
DSC02602_R_20170226201728190.jpg
左の連絡通路を見た、天井に文字がある、ランプの煤で書いたものだろう
DSC02609_R_201702262017294ed.jpg
白土の文字がある
DSC02612_R_20170226201731ba1.jpg
中ほどは判らないが、下の方は株式会社のようだ
DSC02603_R_20170226202546d17.jpg
他にも何か有るが、判別不能だ
DSC02616_R_201702262025480b8.jpg
壕内唯一の釘が刺さっていた
DSC02610_R_20170226202548c69.jpg
連絡通路も狭くしか開いていない、特別な場所だったのか?
DSC02611_R_20170226203843712.jpg
振り向いてメイン通路側を観て見る、必ずしも直線ではない
DSC02613_R_20170226203845ac8.jpg
謎の文字の撮影は続く
DSC02617_R_20170226203846f3f.jpg
掘りの深さの人物比に丁度いい
DSC02619_R_20170226203847296.jpg
さっきの階段状の部分に戻って来た
DSC02622_R_201702262038492ed.jpg
ずれた連絡部分
DSC02624_R_20170226215916bfc.jpg
大部分はこのように直線的だ
DSC02626_R_20170226215918212.jpg
お湯を張ったら、温泉気分に浸れそう
DSC02627_R_20170226215919b06.jpg
隣の通路にも何か天井に書いてあった、絵なのか?
DSC02630_R_20170226215920f87.jpg
ここで練習して、向こうに書いたんだろうか?
DSC02634_R_2017022621592252c.jpg
最初は同一の高さで掘り進み、同じ質の白土が欲しくて掘り下げたのだろう
DSC02636_R_20170226221553eec.jpg
ねこさんが何かを見ている
DSC02637_R_201702262215540fb.jpg
ここでは横の連絡通路部分まで削っていたようだ
DSC02641_R_20170226221555495.jpg
ここまで削った時点で敗戦(操業中止)を迎えてしまったのだろう
DSC02644_R_20170226221557a7f.jpg
プール状になっている所もあった
DSC02651_R_201702262227215ad.jpg
メイン通路の奥に向かうが
DSC02656_R_20170226222723d60.jpg
もう水没区しか残っていなかった、引き返す
DSC02658_R_201702262227238cc.jpg
のださんが何かを発見した
DSC02659_R_201702262227254b5.jpg
なんとトロッコのレールがそのまま残っている
DSC02662_R_20170226222726298.jpg
携帯スコップで発掘を始めるのだの人
DSC02667_R_201702262235166fa.jpg
おそらく、撤去する前に崩落で埋ってしまって面倒で放置されたのだろう
DSC02663_R_20170226223514b03.jpg
見覚えのある所が増えてきた
DSC02666_R_201702262235167cc.jpg
最初のY字路だ
DSC02668_R_20170226223518991.jpg
入り口の縦穴に戻って来た、正直正規の出入り口でなく、部屋の天井が抜けたのでは無いだろうか?
DSC02669_R_20170226223521868.jpg
全員脱出、しかし資料によれば、もっと大きな物のはず、今回はここまでとし、要再調査物件とする。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます