いすみの市大東崎砲台(再訪)

DSC02670_R_201702282340000ba.jpg
午前中の探索を終え、山を降りる
DSC02672_R_20170228234002c94.jpg
途中の食堂で飯を食いながら、午後の検討をする
DSC02677_R_20170228234003735.jpg
太東岬海水浴場に車を停める
DSC02679_R_20170302212325c79.jpg
早速洞窟砲台へ向う
DSC02674_R_20170302212323e2f.jpg
ハイキングコースは完全に通行できなくなっていた
DSC02680_R_201703022123261a7.jpg
もうひとつの入り口から登って行く
DSC02681_R_20170302212327e2b.jpg
恐らく砲室だっただろう入り口が見えてくる
DSC02682_R_20170302212329c53.jpg
ハイキングコース化している為、ボックスカルパートで通路が確保されている
DSC02684_R_201703022143291d5.jpg
そこにはこんな物が隠されている
DSC02686_R_2017030221433017d.jpg
狭い通路の下り階段を降りて行く
DSC02687_R_20170302214331f6d.jpg
階段下りて左側は行き止まり
DSC02688_R_20170302214333923.jpg
太い右の通路を進むとT字路になる
DSC02689_R_20170302214334cc3.jpg
T字路右は広場への出口
DSC02691_R_20170302225856cff.jpg
左の出口に向う
DSC02692_R_201703022258573f9.jpg
明るい所に出たが、この先の切り通しに壕口がある
DSC02694_R_2017030222585845e.jpg
四角い大型の壕口
DSC02698_R_20170302225859086.jpg
支保の跡がはっきりと残る
DSC02699_R_201703022259018d4.jpg
棲息部が2つ有る、結構大きめのものだ
DSC02700_R_20170303224604022.jpg
壕内にには怪しげなビンがたくさん落ちている
DSC02701_R_201703032246053ec.jpg
壕内にある謎の穴50cmほど掘られている、部屋のど真ん中に井戸を掘るバカはいないし、浅すぎる
DSC02703_R_2017030322460607a.jpg
もうひとつの棲息部、こちらは馬蹄形の陸軍式通路
DSC02704_R_20170303224608268.jpg
部屋の奥行きは少し長い
DSC02708_R_201703032246096ac.jpg
砲室は外部からの土砂で砲口が埋まってしまっている
DSC02709_R_20170303235057811.jpg
切り通しを戻って行く
DSC02711_R_20170303235100699.jpg
入り口を振り返る、用途不明な穴もある
DSC02713_R_20170303235101f4c.jpg
広場からボックスカルバートを覗くと、面白い眺めだ
DSC02714_R_20170305143611aae.jpg
撤収しよう
DSC02715_R_20170305143613c9e.jpg
ボックスカルパートは味気無い、やっぱり起伏に富んだ素掘り壕がいい
DSC02716_R_20170305143614429.jpg
海を観る、なんとなく高低差が判るだろうか?
DSC02717_R_20170305143615c97.jpg
中心辺りが今出てきたボックス狩るパートの場所だ
DSC02722_R_20170305143617379.jpg
米軍上陸予想地点の一つでもある海岸
DSC02725_R_20170305144915425.jpg
残りの時間、確たる当ては無いが目星の付いている所を散策する
DSC02727_R_20170305144917d2d.jpg
幾つかの小さな穴(民間防空壕、祠、墳墓)らしき物以外成果は上がらなかった
DSC02732_R_2017030514491840e.jpg
そうこうしている間に隊長に再び悪夢が!右手を骨折するトラブルに見舞われる
退院したばかりの体に無理が有ったのだろう、その後も迷惑を掛けまいと何とも無いふりをして探索を続ける
後に骨折と聞き、隊長のガマン強さと気遣いに敬服する。
DSC02733_R_20170305144921602.jpg
メディアでも紹介されているらしい
DSC02741_R_201703051449224d4.jpg
多分これがそう
DSC02740_R_20170305165542f5b.jpg
巨大な人口溜池が出来ていた、何かあっても沈んでいそうだ
DSC02742_R_201703051703073ff.jpg
かろうじて見つけたコンクリートで塞がれた壕口、水路隧道の可能性大なり
DSC02744_R_20170305170309e51.jpg
場所を変えるも、成果は上がらず
DSC02746_R_2017030517031121c.jpg
大した物は見つからない
DSC02747_R_201703051703137be.jpg
ここには無いって確認だけでも成果なんだけどね!
DSC02748_R_2017030517031385f.jpg
早めに探索が終わったので、隊長の退院祝いをする、まさかまた病院に戻る事になるとは・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

更新お疲れさまです(-^〇^-)
・・・・午後編までUPしてくれるとは思いませんでした。
大多喜はなかなかどうして、手ごわいですが
まだ、まだ有力ポイントがあるんで諦めてないですよん♫
また頑張りましょう。
それにしても次回が楽しみですね~~~
あの続き・・・・
yakumoさんが来てくれれば、前回のメンバー
勢揃いってことになるなんですが・・・・
っていうか、おそらくのださんも一番頼りに
してると思いますよ。

ねこさん

日々のお仕事お疲れ様です!
間道が有るので、何かしらの防衛拠点があってもおかしくは無いですよね。

嬉しい事を言ってもらい、ありがたいです
自分も個人的にも行きたい場所なので、調整して行きたいと思っています。
また、みんなで楽しくやりたいですね!