田浦3丁目にある地下壕調査依頼

田浦3丁目の御嶽稲荷神社の近くに怪しげな穴が有るとの情報を、読者様から頂いた。
ストリートビューで見て見ると、確かにそれらしい物が見える
とりあえず開口はしている様なので、行って見る事にした。
DSC02863_R_2017030623333123d.jpg
時は二月、田浦梅林の開花季節で観光客の往来が激しい時期の突入となった
DSC02864_R_20170306233332b55.jpg
30年以上前に、この近辺は大部分コンクリートで対策工事されてしまっていた
DSC02865_R_201703062333332a4.jpg
しかしここに至るまでの道のりで、幾つかの地下壕の名残を垣間見る部分があった
DSC02867_R_20170306233335a89.jpg
目印の「御獄稲荷神社」下調べがてら登ってみる
DSC02868_R_20170306233337734.jpg
ちょっと御挨拶して周辺を見るも特に無し
DSC02913_R_20170306235212a55.jpg
壕口確認、人の切れる僅かな瞬間に突入する
DSC02869_R_20170306235206189.jpg
しかし、障害物が多くて困難を極める
DSC02872_R_20170306235207f84.jpg
何とか滑りこむも、かなり狭い
DSC02873_R_201703062352097d4.jpg
相当なゴミ、廃材が突っ込まれているようだ
DSC02874_R_2017030623521174e.jpg
しかし、壕自体は民間レベルではなく、しっかりとした掘り方をしている
DSC02876_R_20170307235217b84.jpg
問題は、これを超えないと進めない事!
DSC02877_R_2017030723521885b.jpg
超えるとしっかりとした地下壕なのが、垣間見れる部分に出た
DSC02878_R_20170307235220db1.jpg
天井の崩落は無いので、急傾斜工事の際の残土を処理代を浮かす為にここに投げ込んだのだろう
DSC02879_R_20170307235221043.jpg
天井に二本の釘が並んでいる、電気碍子を取り付けていたのだろう
DSC02883_R_2017030723522215d.jpg
かなり奥まで詰め込まれている残土と廃棄物
DSC02884_R_20170308230041ec8.jpg
どう見たって業者の産廃が大半を占める
DSC02885_R_20170308230043d0b.jpg
ブルーシートの奥は、もはや隙間すらない残土埋め戻し
DSC02890_R_20170308230044288.jpg
少しは後から入る人の事も考えてくれない物だろうか?
DSC02891_R_20170308230045ee6.jpg
埋ってはいる物の、なかなかの造りだったようだ
DSC02893_R_20170308230047e53.jpg
幅的にも、3m近くあり倉庫としては申し分無い
DSC02895_R_2017030823100759f.jpg
土嚢で埋められた元開口部、コンクリートで養壁されている部分だ
DSC02896_R_20170308231008c18.jpg
入り口脇に、良くある小さな部屋
DSC02897_R_20170308231009687.jpg
もう、かなり厳しい所まで来ている
DSC02898_R_20170308231011098.jpg
灯り置きの窪み
DSC02905_R_20170308231012710.jpg
最終地点に到着、瓦でバリケードが作られている、これを退かす気力は流石に無い
DSC02908_R_2017030823183433f.jpg
隙間を覗く、焦点が合わないがまだ、先に延びているのが見える
DSC02910_R_201703082318354cf.jpg
さて、戻るとしよう
DSC02911_R_2017030823183649f.jpg
途中で碍子を見かけた、電機が壕内には引かれていたのだ、かなり良い待遇の所である
DSC02912_R_201703082318377c7.jpg
壕内の探索終了!
DSC02914_R_201703082318402f7.jpg
外から見ると、こんな壁の内側になる
DSC02916_R_20170308234021dec.jpg
周辺を歩いてみる
DSC02917_R_2017030823402222e.jpg
小学校の前に、壕口があった
DSC02918_R_20170308234023e29.jpg
覗き込むと奥は深そうだ、さっきの壕と繋がっていそうだ
DSC02919_R_201703082340265c6.jpg
金属ネットの向こうにも、塞がれた壕口があったようだ

これにて今回の調査を終了する、学校側まで抜けているとすると、100m越えの地下壕である事は確かだろう
横須賀海軍工廠の近くに位置するし、鉄道の便も良い場所である、優良物件だったのだろう
情報提供者様に感謝と共に、ご報告とさせて頂きます。

皆様の情報を、随時募集しています!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント