京都 リッツカールトンのお雛様

IMG_0742_R.jpg
加茂川の畔にある遊歩道
IMG_0743_R.jpg
スフェラ・ビルの1階、Cafe DOnG by Sfera (カフェ・ドン バイ スフェラ)
IMG_0755_R.jpg
半地下型の店内
IMG_0749_R.jpg
奥行きのある空間美がいい
IMG_0756_R_2017032022394636c.jpg
現代アートな店内
IMG_0757_R.jpg
暖かなストーブがいい
IMG_0760_R.jpg
お抹茶と嘯月さんのきんとん
IMG_0763_R.jpg
鍵善さんともコラボしている
IMG_0764_R_201703202326407da.jpg
加茂川沿いを散歩する
IMG_0765_R_201703202326411fd.jpg
独立しながらも、横に連なって建っている京町屋
IMG_0766_R.jpg
加茂川ってやっぱり落ち着くな~
IMG_0767_R.jpg
お決りのリッツカールトン京都に立ち寄る
IMG_0770_R.jpg
桜がきれいだ
IMG_0774_R.jpg
リッツの廊下は細長い
IMG_0771_R.jpg
その一番奥にあるLALOCANDA
IMG_0775_R.jpg
ザ・バーで一休み
IMG_0778_R.jpg
すごく美味しいケーキだった
IMG_0783_R.jpg
さらに奥にある部屋に、特別に許可を頂いて覗いて見た
IMG_0785_R.jpg
目的はこの御所人形を見せてもらう事、御所人形とは江戸時代に京都を通過する諸大名が、皇室や公家に贈物をした返礼に与えられたもので、一般には幼児の人形に胡粉(ごふん)塗りで肌を白く磨き出したものである。
IMG_0786_R.jpg
男雛(お殿様)と女雛(お姫様)の左右の位置はどちらが正しいのかと思った人も多いのではないだろうか?
現在一般に広く売られている雛人形は関東雛と言い、向かって左にお殿様が座っているものになる。
逆に向かって右側にお殿様が座っているものは京雛と言われている。
京雛では向かって右がお殿様、関東雛では向かって左がお殿様になる。
京雛の位置は、御所における玉座の位置に基づいているのだ!
日本古来の「左上座」で言えばお殿様が一番偉いのですから向かって右側に座るのが慣わしと言える。
ではなぜ、関東雛ではお殿様が向かって左側に座っているのだろうか?
それは大正天皇が即位の礼で、洋装の天皇陛下が西洋のスタイルで皇后陛下の右に立たれた事からこの風習が広まったとされている、明治時代、西洋の国際儀礼である「右が上位」の考え方が主流になっていたからだ。
明治天皇の時代から皇居は東京に移っていたので、関東を中心にこの御即位時のスタイルが定番となって関東雛が主流となる。
IMG_0787_R_20170321204001fb4.jpg
さらに奥の部屋(一食10万単位の人が座る席)
IMG_0792_R.jpg
こちらも京雛
IMG_0793_R.jpg
IMG_0795_R_20170322180625448.jpg
車が買えそうなお値段のお酒が置いてある
IMG_0797_R_201703221806264d9.jpg
ここから眺めるお庭もまた、綺麗だった
DSC03898_R_20170322184315fbd.jpg
京都に夕暮れがやって来た
DSC03899_R_201703221843172e6.jpg
早々に一人になり怪しい行動に出た
DSC03901_R_20170322184318d2c.jpg
神戸一人旅(夜間のみ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント