I市に眠る白土鉱山Ⅱその1

前回調査した白土鉱山だが、話による数キロに及ぶトロッコ軌条と言うには、いささか短いとなった
地道な文献からの調査と、当会実力NO1ののだの人による現地調査により、幾つかの新しい鉱口が発見された
二ヶ月に渡る下積み調査の結果、今回の再調査とあいなった!
DSC01747_R_201704212336325e1.jpg
早朝の首都高を千葉に向う
DSC01755_R_20170421233634431.jpg
アクアラインはいつもの事故渋滞
DSC01756_R_20170421233635b81.jpg
それを抜ければ終始ガラガラの道のりだった
DSC01757_R_2017042123363672a.jpg
集合場所にているメンバーで検討会
DSC01759_R_20170421233638338.jpg
マスコットキャラクターのまきき氏は女性が居ないと言い急遽キャンセル、7人での探索となった
DSC01762_R_20170421234546cc8.jpg
マツさんの車に全員乗り込み現地に到着
DSC01763_R_2017042123454834e.jpg
現地の所有者に挨拶し山に入る
DSC01764_R_20170421234550d01.jpg
早速採掘場の片鱗が見えてきた
DSC01770_R_20170421234551672.jpg
まずは前回のおさらいと、未踏部分の(水没区)の調査だ
DSC01772_R_2017042123455231e.jpg
メイン壕口に到着、おのおの準備に入る
DSC01776_R_201704222330509a2.jpg
水没区画に突入する気マンマンのウエイダー装備ののだの人
DSC01773_R_20170422233048540.jpg
では、縦穴に突入する
DSC01778_R_20170422233052cc2.jpg
入り口付近は、ガレが積み上げられているので通りにくい、マツさんが拡張中
DSC01780_R_2017042223305300f.jpg
前回発見されたトロッコのレール
DSC01782_R_2017042223305451d.jpg
初めての人が居るので、軽くおさらいをする
DSC01799_R_20170422234312b1d.jpg
特徴的な部分を見て回る
DSC01806_R_20170422234314a1b.jpg
腰の高さまで有るような排水溝は中々無い
DSC01812_R_201704222343159f7.jpg
分岐に次ぐ分岐
DSC01814_R_20170422234317bb7.jpg
メイン坑道に到着
DSC01816_R_2017042223431724e.jpg
枝抗はこんな形で登り傾斜で掘られている
DSC01818_R_20170423214745048.jpg
本抗に続くトロッコ軌条
DSC01819_R_20170423214747b56.jpg
正に地下鉄のようだ
DSC01823_R_20170423214748b96.jpg
ホームもあるし
DSC01830_R_20170423214749647.jpg
升目状の坑道の横合いから、仲間のライトが光を差している
DSC01833_R_20170423214751bdb.jpg
天井に残る、現役時代の落書き
DSC01835_R_20170423215430e8f.jpg
更に奥に進む
DSC01837_R_20170423215432252.jpg
水没区に到着
DSC01838_R_20170423215433a26.jpg
いける所まで行って見る
DSC01839_R_2017042321543487f.jpg
ここは思ったより浅かった
DSC01840_R_20170423215436ef0.jpg
出口側、頭を通す為のような窪みが上にある
DSC01843_R_201704232201327de.jpg
行き止まりだったので戻る
DSC01847_R_20170423220134138.jpg
横から見たトロッコの枕木とレールの跡
DSC01850_R_20170423220135ebb.jpg
カンテラのタンク部分
DSC01852_R_20170423220136e80.jpg
ウエイダー装備ののだの人が、果敢に水没の奥に侵入する
DSC01853_R_201704232201381e6.jpg
長靴では入れない奥地へと消えていった
DSC01854_R_2017042322482221b.jpg
数時間後(数分後)のだの人が生還した
DSC01860_R_20170423224824e93.jpg
パパさんも長靴の限界まで参戦した
DSC01862_R_20170423224824b5b.jpg
すいぼつくの確認が終わったので撤収する
DSC01868_R_201704232248260b6.jpg
今回は初めて入る人もいるので、ちゃんとテーピングをしてある
DSC01869_R_2017042322482796d.jpg
迷う事無く全員集合
DSC01873_R_201704232323111e1.jpg
一息入れた後、のだの人が見つけたその他の壕口を確認に行く
DSC01877_R_20170423232001898.jpg
斜坑がヤバクて未確認の壕口
DSC01884_R_20170423232003c3a.jpg
10m程で大崩落、やばそうなので撤収
DSC01891_R_20170423232004a61.jpg
キツイ傾斜を這い上がってくるパパさん
DSC01893_R_20170423232005b19.jpg
別の壕口を見て行くが、さっきの本坑に繋がっているものだった
DSC01894_R_201704232332499ff.jpg
他にも有るが、入れない
DSC01896_R_20170423233251871.jpg
かなり際どいとこまで攻めるのださん
DSC01897_R_20170423233253447.jpg
これも本坑に繋がっていた
DSC01898_R_20170423233253578.jpg
捜索終了、下山する
DSC01899_R_2017042323325572e.jpg
これにて午前の部を終了する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Σ(゚∀゚)あ°ぁ°~しまった・・・

Σ(・ω・ノ)ノ!す、素晴らしいです!!
長年闇に葬られた貴重な遺産をこうして(←チョコ食べながら苦労も無く…f^-^;)楽しませていただき、なんとありがたい事でしょう♪
それと、のだセンセのグラサンもかなりイイですね!

当日は女性が居ないと判って…ドタキャンしてしまい、申し訳ございませんでした。m(_ _)m
女性は美しい花なので、それが無いとどーもヤル気が…
↑頭が悪い奴ほど女好き。あっ?ボクの事っすネ…えへへ(〃´∪`〃)ゞ

こんなんですが、次回こそはお会いできる筈なので…よろしくお願いします~。('◇')ゞ



まききё 様

次回も女性は居ませんよ~
そだ様も来れないらしいので、まききё 様に期待大です!
スーパージャブジャブでお願いしますね。
ここは無線機が広すぎて使えないので、はぐれる=デッドですから気を付けてね!