浜金谷28H及び15K調査 その2

DSC03973_R_20170624215028f80.jpg
更なる遺構を探しに山を徘徊する
DSC03974_R_20170624215030721.jpg
しょぼい穴を見つけつつ、大物を探す
DSC03975_R_2017062421503112b.jpg
突如斜面の下に、とんでもない物発見!前盾付きの砲座か?
DSC03979_R_20170624215035daa.jpg
降りて見ると砲座ではなく、格納式の探照灯台座だった、しかも薄っすら迷彩が見て取れる
DSC03977_R_2017062421503351f.jpg
素晴らしい状態の良さだ、メンバーに早速無線で連絡するDSC03981_R_20170624220747925.jpg
探照灯格納庫、かなりしっかりした物だ
剣崎_R
三浦市の金田にも探照灯格納庫は残っているが、これより大きい様だ
DSC03982_R.jpg
溝の部分にゴムか木材を入れて、格納時の緩衝材にしていたのだろう
DSC03978_R_2017062422074677c.jpg
前盾に登って、全体図を撮って見る
DSC03986_R_20170624220750804.jpg
最奥から撮影
DSC03989_R_2017062422075236d.jpg
ターンテーブル
DSC03995_R_20170624222549f41.jpg
ボルトの残る台座
DSC03990_R_20170624222548417.jpg
電気の碍子も残っている完璧さ
DSC04003_R_20170624222554c0f.jpg
ちょっとだけ残る、鉄扉のあと観音扉だったのだろう
DSC03997_R_201706242225525f0.jpg
前盾はちょっと土台がやばくなっている
DSC03998_R.jpg
ここの手前にコンクリートで補強した石垣の橋が架かっている
DSC03992_R_201706242240427b7.jpg
人物比185cmねこさん
DSC04004_R_201706242240467bb.jpg
人物比マッキー、座っているので参考のみ
DSC03999_R_2017062422404377f.jpg
一通り新遺構を堪能した
DSC_0549_R.jpg
記念撮影yakumo、マッキー、ねこさん、総軍様、パパさん

新発見だと思って喜んでいたが、実は友好サイト「 bunnytheflat 」にて、紹介済みの物件だった。

DSC04006_R_20170624224048286.jpg
崩れかけた軍道の痕跡を追ってみる
DSC04007_R_20170624225109b1d.jpg
ちょっと倒木が邪魔くさい
DSC04009_R_2017062422511160b.jpg
壁面の岩盤にコンクリートで埋め込んである謎の物体
DSC04011_R_20170624225112fa0.jpg
恐らく電気配線の金具では無いだろうか?
DSC04012_R_201706242251138e3.jpg
同じ高さに引っこ抜けたような穴が有る
DSC04014_R_20170625093700c3a.jpg
少し開けた所に出た
DSC04015_R_20170625093702e08.jpg
コンクリートの構造物がある
DSC04017_R_201706250937059f4.jpg
かなり薄いコンクリートを塗っただけの、簡素な物だ、雨水溜めだろうか?
CIMG0712_R.jpg
千葉県東金にある観測所脇にある謎の遺構に酷似している
DSC04016_R_20170625093703d93.jpg
石垣もあり、何らかの施設が有ったのだろう
DSC04018_R_20170625093706734.jpg
みなで捜索するも、他に目立った遺構は見つからなかった
DSC04021_R_20170625215715252.jpg
元の捜索開始場所付近を反対方向に捜索すると、遺構を発見
DSC04024_R_201706252157169ab.jpg
油庫と思われる、内部の状態は良い
DSC04027_R_2017062521571960d.jpg
鳩舎DSC04028_R_20170625215719d09.jpg
海側のみが破壊されている
DSC04031_R_201706252157200e4.jpg
トイレ?
DSC04033_R_20170625215722af3.jpg
当時の土瓶が落ちている
DSC04037_R_20170625232520879.jpg
井戸と階段
DSC04035_R_20170625232519be2.jpg
看守営舎
DSC04038_R_20170625232522c55.jpg
煉瓦の風呂釜
DSC04043_R_20170625232523994.jpg
内側は五右衛門風呂だった
DSC04048_R_20170625232524647.jpg
奥の部屋、かなりいい状態で残っている
DSC04049_R_2017062523252709e.jpg
外観は大分崩れて来たようだ、崩れるのも時間の問題か?
DSC04050_R_201706252325270b9.jpg
この施設は土塁に囲まれていた
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- いつの間にか、その2まで更新されてたんすね~~~。
やっぱ、写真が違うと、別の感覚で見れて新鮮ですねーー  あの日が蘇ります。(^-^)
次回やるときは、先日送った資料をもとに
重点的に、北の谷地をせめて、なんとしても28H見つけましょう。
すぐにでもリベンジといきたいとこですが、
2年連続でスズメバチにやられてるから、今年は夏場の藪こぎは少し控えようかと(笑)

それと・・・・この木造建物が監守衛舎だったんですねーーーー  俺、勘違いしてたかも。

ねこさん

お疲れ様です!
次回も頑張りましょうね、新発見目指して。
やっぱり他人の観る目って違いますよね、自分も他の人の写真見るの楽しみです。
二度ある事は、三度あるで頑張りましょう!