追浜にある危険な地下壕

読者様から地下壕情報を頂いた、存在自体は知っていたが、人通りの多い場所なので、チャンスが無かった
暫らくして、読者様から内部写真が送られてきた、大好物の壕内レンガ構造物が写っていた。
人、車の多い交差点に加え、営業中のお店の隣という立地条件だが、運良くすんなり入れた。
半ば諦めていた物件だけに、探索が叶ってありがたかった、ありがとうございました!

なを、この壕への入壕は止めた方が良い、状態が良くないのもあるが
何より危険物が大量に転がっている、空だとは思うが残留物は有ると思った方が良いだろう。

DSC04359_R_2017070211574752c.jpg
入壕するなりクランクを一つ曲がるとこの有様だ
DSC04361_R_20170702115748d80.jpg
戦後、きのこ栽培を含め、プロパンガス屋など色々改造して、使っていたようだ
DSC04362_R_20170702115749427.jpg
配線は変えているが、碍子などは流用していそうだ
DSC04371_R_20170702115751f6c.jpg
壕自体はそこそこ広く、幅もある典型的な海軍壕
DSC04372_R_20170702115752b09.jpg
一部コンクリートが引いてあるが、戦後かも知れない
DSC04373_R_20170702115754b67.jpg
大量の危険物、一つの残量は微々たる物だろうが、これだけ有ると・・・しかも錆びて腐食している
DSC04374_R_20170702185750eda.jpg
この辺はきのこ栽培の温度調整とかやっていたようだ
DSC04375_R_20170702185752cae.jpg
しかし、どんだけ在るんだ、このプロパンボンベは!
DSC04377_R_201707021857546f4.jpg
天井に張り付いている碍子用の木材は、当時の物で、側面の物掛けはきのこ時代だろう
DSC04380_R_201707021857558ac.jpg
かなり広い、ホールの様な部屋
DSC04383_R_201707021857570ab.jpg
まばらに残っている当時の碍子、右端が近代の電気配線
DSC04384_R_201707021857587ad.jpg
メイン通路との段差が気になる、積み下ろしの考慮か?
DSC04387_R_2017070219124261d.jpg
横の坑道(メイン通路)よりも、中程はこの様に接続坑の方が広い、床もフラットだ
DSC04388_R_20170702191243571.jpg
メインを回ったので、他の通路を回ってみる
DSC04390_R_20170702191244c9f.jpg
よく見ると、排水溝の一部にレンガが使われている、海軍は芸が細かい
DSC04392_R_20170702191246859.jpg
天井だけ見ると、すごくキレイな通路、少しうねっている
DSC04393_R_201707021912488d1.jpg
端っこに到達したようだ
DSC04394_R_20170702191250a30.jpg
先端に、外部から蓋をされた壕口がある
DSC04399_R_2017070219263249d.jpg
昭和の産廃残土に床が埋まっている壕口付近
DSC04400_R_201707021926346c5.jpg
枝坑までこの始末
DSC04410_R_2017070219263585e.jpg
ちょっと様子が変わる
DSC04413_R_201707021926365a0.jpg
壁面にアーチ型に溝がある、コンクリートの跡から隔壁があったようだ
DSC04414_R_201707021926389fc.jpg
出入り口の扉の跡が残る部屋
DSC04415_R_20170702192639892.jpg
発泡スチロールを打ち込まれているが、かなり綺麗に四角く掘られた部屋
DSC04418_R_20170702192641803.jpg
入り口の上には四角い溝が
DSC04419_R_20170702192643fd3.jpg
鉄の鋲が残っている、恐らくクレーンのレールが走っていたのだろう
DSC04420_R_20170702202420839.jpg
同じ様な坑道が続く
DSC04421_R_201707022024226f7.jpg
同じ様な入り口
DSC04423_R_20170702202423b11.jpg
きのこの苗床の棚があったのだろう
DSC04425_R_20170702202424e01.jpg
三つ目の部屋
DSC04426_R_20170702202426ea1.jpg
こちらには発砲スチロールは無かった
DSC04428_R_2017070220242883e.jpg
クランクしながら、奥に進む
DSC04429_R_201707022024286cc.jpg
湿度が増し、床がグチャつく
DSC04430_R_20170702202430f62.jpg
また見事に広い部屋に出た、ほんとに地下なんだろうか?
DSC04432_R_201707022042262e2.jpg
昔は壕内を自転車で回っていたのだろうか?
DSC04438_R_201707022042282d8.jpg
通路と部屋の天井の高さが違うのが良く判る
DSC04440_R_20170702204229c6d.jpg
狭い通路の先には、また凶悪なボンベが並んでいる、あんまり行きたくない
DSC04443_R_20170702204230101.jpg
この錆び具合、特に下の方はヤバイ!
DSC04449_R_20170702204232753.jpg
そそくさと別の通路に、なんか変なのが?
DSC04451_R_20170702212147b1c.jpg
なんと軽トラのオープンカーではないか!天井の低い壕内を走る為に、切ってしまったのか?
DSC04452_R_20170702212148463.jpg
昔は車の出入りできる壕口が有ったんだな、今は開口部は一ヶ所だけしかない
DSC04453_R_20170702212150ed4.jpg
トラックの先の通路に向かう
DSC04455_R_2017070221215136c.jpg
待望のレンガが現れた、テンションが上がる
DSC04463_R_201707022121532d0.jpg
扉部分が破壊されているようだ
DSC04464_R_20170702212154c08.jpg
材質は当時の耐火煉瓦で貝山地下壕でも見る物だ、しかし雑すぎる、フランス積みの様だが不揃い過ぎる
DSC04466_R_20170702212156f82.jpg
内側は2m弱煉瓦で巻かれている
DSC04476_R_20170702212157bb8.jpg
こんな所にズリが?戦後壕内を拡張したのか?
DSC04485_R_20170702214847819.jpg
次なる煉瓦が見えてきた
DSC04486_R_201707022148492ff.jpg
しかしこの配管はなんだ?スロープも気になる
DSC04487_R_201707022148505ef.jpg
右側にあった小さな部屋
DSC04489_R_20170702214851260.jpg
妙に綺麗に造ってある
DSC04491_R_20170702214853ec5.jpg
残土を突っ込まれた通路、破壊された煉瓦塀も埋まっている
DSC04492_R_201707022155594e6.jpg
ビニールが行く手を塞ぐ
DSC04497_R_20170702215600657.jpg
手前の小さな部屋
DSC04504_R_20170702215602862.jpg
壕内で白い物がぶら下がっていると、ドキッとする
DSC04505_R_20170702215602861.jpg
左側の枝道は、何故かコンクリートの縁取りがある、珍しい
DSC04508_R_2017070221560488e.jpg
恐らくきのこ栽培のボイラーの配管
DSC04514_R_2017070221560517b.jpg
掘削用ロッドが刺さっている
DSC04516_R_20170702220349fdb.jpg
最後の部屋に到着
DSC04520_R_20170702220350e7c.jpg
左側はマシだが
DSC04522_R_20170702220351def.jpg
右側は、うず高く残土が積まれていた
DSC04528_R_20170702220352ad1.jpg
さぁ、戻ろう
DSC04530_R_201707022203552c7.jpg
変な形の排水溝
DSC04538_R_201707022203560f7.jpg
残すは入り口周辺のみ
DSC04541_R_2017070222035752f.jpg
ここは妙にゴミと生活臭に塗れた場所だ
DSC04543_R_201707022203599ed.jpg
生活出来そうな感じである
DSC04544_R.jpg
パロマ炊飯器まである
DSC04545_R_201707022223350ba.jpg
奥に壕口が在ったが埋まっていた
DSC04547_R_20170702222336cbc.jpg
さて、戻ろう
DSC04554_R_20170702222338b37.jpg
戦後の残留物が多すぎるが、中々の物件だった
DSC04555_R_20170702222339e88.jpg
後はタイミングを見計らって、脱出するだけ
DSC04559_R_20170702223251c1e.jpg
ついでに周辺の遺構を見て行く、これはまた違う地下壕の入り口、接続はしてなかった
DSC04558_R_2017070222325030c.jpg
かわいい黒猫
DSC04562_R_2017070222325297c.jpg
鳥居をくぐり、少し登る
DSC04563_R_20170702223254706.jpg
あの辺に見える穴は、中世のやぐらだ
DSC04564_R_201707022232551dd.jpg
階段途中の謎の壕、やたら入り口だけ立派、中はしょぼい
DSC04567_R_20170702223257253.jpg
見たかったのはこれ、やっぱり同じ煉瓦が使用されていた
DSC04568_R_201707022232581ae.jpg
帰り道で東海道の道標を見つけた、京都を身近に感じた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

トイレ横からですか(笑)
よくあそこへ入りましたね(怖)
子供のころ小学校につながっているという都市伝説がありました。
校庭池左手のスキマから覗くと奥に続いているように見えます。

ルルル様

はい、そこからです!
予想より大きな壕でしたね
小学校とは残念ながら繋がっていませんでした。
この上の壕の水没区の先が繋がっているらしいですが、あそこに行ける兵は居ないでしょう