猿島2017初夏の再訪

横須賀市の無人島、猿島には毎年何回か訪れる
今回は砲座や観測所などが観やすくなったと言うので、行ってみた
DSC05998_R_201707032347262d6.jpg
朝っぱらから、船に乗って猿島に向かう
DSC05999_R_201707032347283ac.jpg
海自がゾロゾロ歩いている
DSC06000_R_20170703234729fdc.jpg
程なく15分程度の船旅に出発する
DSC06001_R_201707032347306be.jpg
海自さんは記念艦三笠の見学のようだ
DSC06002_R_20170703234731d82.jpg
猿島に到着!
DSC06004_R_20170704222629d12.jpg
桟橋を渡って上陸して行く
DSC06006_R_20170704222631d7d.jpg
新しい看板が設置されていた
DSC06007_R_2017070422263221b.jpg
とりあえず水を購入
DSC06009_R_20170704222633024.jpg
発電機室の遺構
DSC06010_R_20170704222635c0a.jpg
レンガの展示が、以前より充実していた。
DSC06017_R_20170704222637a23.jpg
それでは島内に歩を進めて行く
DSC06025_R_2017070523451211b.jpg
内部はこんな感じ
DSC06019_R_20170705234511df2.jpg
二階の部屋の窓、一階からは入れない
DSC06026_R_20170705234514cd8.jpg
普通の所はこんな感じに塞がれている
DSC06030_R_2017070523451566b.jpg
砲座の胸墻部分
DSC06031_R_20170705234517db3.jpg
円形に囲んでいる
DSC06032_R_20170705234519b94.jpg
伐採されて、観やすくなった遺構
DSC06033_R_201707052345204c0.jpg
内部はこんな感じ
DSC06038_R_20170705234521f92.jpg
コンクリートの良い作りをしている
DSC06040_R_2017070621260700d.jpg
近くに下に降りる階段がある
DSC06041_R_201707062126088f4.jpg
換気口の穴が有る、と言う事は下に部屋がある
DSC06045_R_2017070621261009c.jpg
二階の入り口
DSC06047_R_20170706212611279.jpg
二階内部
DSC06053_R_201707062126128de.jpg
下から見上げた二階の窓(この窓の厚みが1m以上有るのが謎)
DSC06058_R_201707062126144bd.jpg
入り口を振り返る
DSC06059_R_20170706212615c69.jpg
階段を登って行く
DSC06061_R_20170706212618b05.jpg
上には下の弾薬庫からの楊弾井がある
DSC06064_R_2017070621461401c.jpg
ウッドデッキの切り通しを歩いて行く
DSC06065_R_20170706214615963.jpg
旧日本軍の要塞も今では愛のトンネルとか呼ばれている
DSC06067_R_20170706214616c4d.jpg
面白いトンネルで、中ほどから傾斜が更に低くなるので、先が見えない
DSC06069_R_201707062146182fd.jpg
右側に部屋は無く、左側だけに部屋がある
DSC06076_R_201707062146191a1.jpg
兵舎内部
DSC06080_R_20170706214621141.jpg
上に上がる階段は閉鎖されている
DSC06084_R_20170706233013f16.jpg
このトンネルは綺麗だ、人の居ない時は最高だ
DSC06085_R_201707062330159bc.jpg
第一砲台の兵舎と弾薬庫
DSC06087_R_201707062330160b4.jpg
なんか置いてある
DSC06088_R_20170706233017af3.jpg
モニタリング中
DSC06090_R_201707062330191ed.jpg
亀裂の広がりなどを計測している
DSC06096_R_20170706233021335.jpg
弾薬庫から外に出る
DSC06097_R_201707072243045aa.jpg
外周に出て砲座その1
DSC06099_R_20170707224306378.jpg
砲座その2
DSC06100_R_20170707224308011.jpg
変なアプリが張ってある
DSC06106_R_201707072243085a2.jpg
砲座その3
DSC06108_R_2017070722431048f.jpg
砲座その4
DSC06109_R_2017070722431246f.jpg
砲を固定するビスと電路の跡
DSC06110_R_201707072341508c3.jpg
坂道を登る
DSC06111_R_20170707234151427.jpg
三階建ての監視所
DSC06112_R_201707072341532d4.jpg
その他遺構を見に行こうと思ったら、なんじゃこりゃ?通れなくなっている
DSC06114_R_20170707234155f62.jpg
反対側には煙突の跡がある
DSC06116_R_20170708203952cf4.jpg
最後に12.7cm連装砲の砲座を見て行く
DSC06117_R_20170708203840f1b.jpg
他の同砲の砲座には見られないこの通路、実はこの先におトイレの遺構が有る
DSC06119_R_20170708203842ffc.jpg
おトイレ側から覗く、四角い穴は即応弾薬置き場
DSC06121_R_2017070820384257b.jpg
この砲は薬莢タイプなので、長めの弾薬置き場になっている
DSC06124_R_20170708203844a72.jpg
そろそろ戻るとする
DSC06126_R_20170708203845e87.jpg
たった15分で着く無人島、最もお気軽な戦跡見学だろう、戦跡ガイドツアーも随時やっているので、検索してみよう
DSC06128_R_20170708203847e9f.jpg
この付近のタグボートには、旧海軍艦艇及び船舶の名前を使っている船が多い
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント