小動岬(小坪海面砲台、小坪のゲジ穴)

DSC03626_R_2017071123193709e.jpg
駐車場側の壕に入ってみた
DSC03627_R_201707112319383f9.jpg
埋まってしまっている枝抗
DSC03628_R_20170711231940df7.jpg
上の壕とは土の質が全く違う
DSC03633_R_20170711231941304.jpg
掘り方はちゃんとした海軍壕だ
DSC03635_R_20170711231944cf9.jpg
しかし用途不明
DSC03637_R_201708042158340da.jpg
内部は申し分ない広さ
DSC03641_R_2017080421583440f.jpg
少々複雑な形の部分もある
DSC03643_R_2017080421583649f.jpg
さて、戻るかと振り返ったら、右上に
DSC03645_R_201708042158381ba.jpg
金属フックが突き刺さっていた
DSC03646_R_201708042219046a6.jpg
車に戻り、一服する
DSC03647_R_2017080422190618d.jpg
江ノ電のカーブにある壕口、小さな壕だ
DSC03649_R_20170804221907a21.jpg
標準的な江ノ電
DSC03652_R_20170804221908bf6.jpg
稲村ヶ崎伏龍洞窟陣地
DSC03653_R_20170804221910307.jpg
この頃でこれだから、補修工事で道路側は埋められただろうな?
DSC03654_R_20170804221912c60.jpg
鎌倉市材木座の要塞地帯票
DSC03655_R_2017080422373314d.jpg
昭和十六年(以下不明)
DSC03656_R_201708042237341ab.jpg
東京湾要塞(以下不明)
DSC04224_R_20170804223741f15.jpg
小坪海面砲台砲口部
DSC03659_R_201708042237359e7.jpg
入り口はネットの向こう側
DSC03660_R_20170804223737f7c.jpg
流石にこれは無理
DSC03664_R_2017080422374079e.jpg
それでも入りたいとのさん
DSC03663_R_2017080422373899e.jpg
材木座海岸から由比ガ浜海岸までが、上陸予想地点として攻撃できる
DSC03666_R_20170804234336384.jpg
ここの裏山に小坪隧道がある
DSC03667_R_20170804234338e11.jpg
それを抜けて行くと
DSC03668_R_20170804234340143.jpg
小さな壕の痕跡が
DSC03670_R_20170804234340eb5.jpg
墳墓なのか、防空壕の類なのかは不明
DSC03674_R_20170804234342502.jpg
DSC03673_R_201708042351185c6.jpg
住吉城跡
DSC03675_R_20170804235121177.jpg
ここに有名な?「小坪のゲジ穴」がある
DSC03678_R_20170804235122408.jpg
当時、隧道の一つとして掘られたようだが、今は通過出来ない
DSC03679_R_201708042351238cb.jpg
登りかげんに、捻じ曲がっている
DSC03684_R_201708042351253c8.jpg
出口で封鎖されている
DSC03685_R_20170804235126bf8.jpg
隙間から覗いてみるが、何処だろう?
DSC03686_R_20170804235128f45.jpg
仕方なく戻っていく
DSC03687_R_201708042351296d0.jpg
下からと上からの、二方向から掘っていたが、高さが会わず、無理矢理繋げたのがこの部分
DSC03688_R_20170804235131ad3.jpg
近くには古墳もある
通常だと物凄い数のゲジゲジが生息しているので「小坪のゲジ穴」と言われているが、この時はぜんぜん見かけなかった
見慣れてしまったから気にしていないのだろうか?
写真に写ってないって事は、ほんとに絶滅したのだろうか?なぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント