FC2ブログ

呉 海軍工廠 (あれいからすこじま)

呉海軍工廠とは、広島県呉市にあった日本の海軍工廠、戦艦「大和」建造で有名。終戦により工廠は解散。
現在はジャパン マリンユナイテッド呉工場として大型民間船舶の建造を行っており、艦艇建造は行っていない。
船舶とは民間船、艦艇とは自衛隊、海上保安庁などの武装している物と思えばいい

呉工場での自衛艦艇の建造は無いが、修理は行っている。なお「造船船渠(大和の建造用ドック)」は1993年に埋め立てられ、跡地は工場として再利用されている。
しかし、大和の修理を行った「船渠(ドック)」は現存しており、自衛艦や米軍艦船などが現在も使用中である。

1903年 (明治36年)に日本海軍の組織改編で呉海軍工廠が誕生、その後は東洋一と呼ばれるほどにまで設備を充実させた。
工員の総数は他の三工廠、横須賀、佐世保、舞鶴の合計を越える程で、ドイツのクルップと比肩しうる世界の二大兵器工場であった、戦艦「大和」を建造するなど多くの艦艇建造を手がけ、日本海軍艦艇建造の中心地となった。

DSC07869_R_2016061520421433d.jpg
山を下りて来ると軍港風景が、見えてきた
DSC07870_R_20160615204216a7e.jpg
海軍技手養成所跡の碑
DSC07871_R_20160615204217a36.jpg
その横に駐車場があった(駐車場の金網の向こうに閉鎖されて地下壕入り口が見える)
DSC07872_R_20160615204218703.jpg
台数は20台ぐらいしか入らないが無料だ(雨の日は泥だらけになる)
DSC07875_R_201606152234530a7.jpg
曲がりくねった道を下りていく
DSC07892_R_20160615223453565.jpg
呉の海上自衛隊基地が見えてくる
DSC07896_R_2016061522345077b.jpg
はりま (音響測定艦)
DSC07897_R_20160615223452fdd.jpg
護衛艦あぶくま
DSC07898_R_20160615223453dab.jpg
周辺図
DSC07893_R_201606160812481f7.jpg
道路周辺にはステキな煉瓦倉庫もあるが、そっちは後でやる
DSC07899_R_201606160812509cc.jpg
子規の歌碑
DSC07906_R_20160616081251924.jpg
ちなみに横須賀も、普通に公園から潜水艦見放題です
DSC07907_R_2016061608125251f.jpg
土木学会推奨土木遺産
DSC07903_R_201606160820324bf.jpg
DSC07904_R_20160616082034951.jpg
DSC07905_R_201606160820369aa.jpg
日清戦争以前の鹵獲砲などだろう
DSC07908_R_20160616082445cbd.jpg
先端部に係船柱がある
DSC07909_R_2016061608244626e.jpg
昔の大砲を縦に埋めて係船柱にしていたそうな、上で紹介した砲もそれらしい話もある
DSC07910_R_20160616082447076.jpg
海軍マークを削り取ったような跡が見受けられる
DSC07917_R_2016061608244944b.jpg
ほぼすべてのボラードの形が違う
DSC07912_R_201606162116100e7.jpg
この護岸は、当時からのもの
DSC07913_R_20160616211611200.jpg
その先にあるクレーンも実際に魚雷の積み込みなどに使われたもの
DSC07915_R_20160616211612ef0.jpg
戦後しばらくは使用されていたが、今はもう、動かない
DSC07918_R_201606162116142b9.jpg
このフックも、キャビテーション魚雷を搭載してみたかっただろうな~
DSC07919_R_20160616211615d80.jpg
クレーン基礎部分
DSC07920_R_201606162203573df.jpg
銘板がうっすら見える
DSC07921_R_20160616220359f25.jpg
機械室の歯車達
DSC07923_R_2016061622040048f.jpg
後方に小スペースがある(ちなみに外から中を覗いてる
DSC07925_R_201606162204013a2.jpg
下から海を眺める
DSC07927_R_20160616220403eb3.jpg
クレーンの角度を示す、大ざっぱな目盛り
DSC07931_R_20160616230529dc5.jpg
クレーンの巻き上げ機
DSC07932_R_2016061623053063b.jpg
ダイナモのコイルだろう
DSC07933_R_20160616230532017.jpg
配電盤が落ちている
DSC07934_R_20160616230533050.jpg
操作室
DSC07935_R_20160616230534d9d.jpg
登っ見たかったが、グリスで汚れそうで止めた
DSC07938_R_20160616231248a9d.jpg
1934年2月に製造されたのだろうか?
DSC07939_R_20160616231249c58.jpg
窓ガラスが健在な一面がある
DSC07942_R_201606162312500da.jpg
当時もこんな風景が見れたのだろう
DSC07943_R_2016061623125249d.jpg
風に揺らぐフックが、もの悲しく見える
DSC07944_R_2016061623125350f.jpg
いつまでも、この地にあり続けて欲しい






次回、祇園祭
018_R_20160718142519909.jpg
鋭意製作中

呉 歴史の見える丘

歴史の見える丘とは、軍港都市から平和産業都市としての道を歩んだ、明治以降の呉の歴史が一望できる場所として、1982(昭和57)年に完成した物で、道路脇の細長い一見見過ごしやすい傾斜地にある。
この丘からは、「旧呉鎮守府庁舎(現:海上自衛隊呉地方総監部庁舎)」や呉で造られた戦艦「大和」を建造したドックの上屋を眺めることができる。
現在、ドックは埋め立てられ、上屋(骨組みは当時のまま)だけが残っている、また、大和、長門の主砲徹甲弾や造船船渠記念碑、正岡子規の句碑などもあり見るものは多いが、駐車場などは無い。
DSC07800_R_20160225232451021.jpg
こんな通りの一角にある
DSC07801_R_20160225232453b4a.jpg
旧呉海軍工廠礎石記念塔
1982(昭和57)年に残存していた旧呉海軍工廠の礎石を集めて建てたもの、縁石には堺川にかかる二重橋に使用されていたものを使い、銘板が取付けてあるレンガは旧海軍呉鎮守府開庁当時の庁舎建材を使っている。
DSC07802_R_2016022523245426f.jpg
「第四工場、明治明治十八年建之」
DSC07803_R_20160225232455b6f.jpg
敷地内に入る、入り口には砲弾型の車止め?が立っている(白いの)
DSC07804_R_20160225232457bba.jpg
渡辺直己 歌碑
DSC07829_R_20160226205942576.jpg
旧呉海軍工廠礎石記念塔を横から見る、「起工 明治二十二年四月」
DSC07828_R_201602262059403b7.jpg
説明板
DSC07824_R_20160226205938d0a.jpg
「明治三十五年起工 明治三十六年竣工」
DSC07825_R_2016022620593903b.jpg
「起工 明治二十七年六月」
DSC07805_R_20160226211440005.jpg
「噫(ああ)戦艦大和塔」戦艦大和を建造した旧呉海軍工廠を望むこの地に、1969(昭和44)年の第30回大和進水日(8月8日)を記念して呉大和会により建てられた。
DSC07806_R_20160226211442055.jpg
艦橋はかなりイメージが違うが、マストは似てるかな?
DSC07807_R_20160226211443d54.jpg
船体構造の絵が地味に描いてある、左右の砲弾は違う物
DSC07808_R_20160226211444868.jpg
左のちっさい方
DSC07809_R_20160226211446fdb.jpg
戦艦長門の主砲徹甲弾
DSC07810_R_201602262132351cd.jpg
右のおっきい方
DSC07811_R_20160226213237559.jpg
戦艦大和の主砲徹甲弾
DSC07812_R_20160226213238f67.jpg
戦艦「大和」を建造したドックの上屋の一部が見える
DSC07813_R_20160226213239c81.jpg
ちょっとズームしてみたが、大和はいなかった・・・
DSC07818_R_20160226214110cf7.jpg
護衛艦なら近くに落ちていた
DSC07826_R_20160226214111709.jpg
展望図
DSC07814_R_201602262141079db.jpg
「澤原為綱翁之像」
DSC07815_R_201602262141097de.jpg
像は何処に?
DSC07816_R_20160226215148992.jpg
子規句碑 「軍港 呉かあらぬ 春の裾山 灯をともす」 正岡子規
DSC07817_R_201602262151505f0.jpg
説明文
DSC07820_R_20160226215151d09.jpg
全景を撮ってないが、一つの石にはめ込まれたパネル説明板
DSC07821_R_201602262151520e0.jpg
造船船渠の銘板、なんと全体を撮るのを忘れてしまったようだ
837285f3_R.jpg
仕方ないので、画像検索から頂いてきた、戦艦・大和をはじめ、時代を代表する商船を数多く建造した旧呉海軍工廠造船船渠(ドック)が埋め立てられることになり、ドックの壁石を使ってドックの底に下りる階段を再現したもの
DSC07822_R_201602262151546d1.jpg
地図で言うとこの辺

呉 平原浄水場 呉海軍下士官兵集会所

市民用の水道施設として市内の高台につくられた浄水場で、配水池は地下式で場内南側に位置する。
煉瓦及びコンクリート造で、通路を中心に東西2つの池を配置した形式になる、南北にある煙突状の煉瓦造換気塔の意匠は独特である。
登録有形文化財(建造物)となっている。
普通の人は宮原浄水場の方を見に行くんだろうな~
DSC07775_R_20160223225411582.jpg
通りすがりに煉瓦の塔を見つけた
DSC07776_R_20160223225412a74.jpg
平原浄水所と言うらしい
DSC07777_R_20160223225413201.jpg
煉瓦造りの浄水施設は萌える
DSC07780_R_20160223225415e01.jpg
半地下式の施設なので、ちょっと見難い
DSC07782_R_20160223225416471.jpg
煉瓦造換気塔が見える
DSC07783_R_20160223230404261.jpg
道を挟んで上下に分かれて施設はあるようだ
DSC07784_R_201602232304066e0.jpg
当時はここに門柱でもあったのだろうか?
DSC07785_R_20160223230407aec.jpg
あまり人の訪れない所の方が何となく好きだったりする
01032_R.jpg
こんな感じの塔らしい(水道局HPより)
DSC08059_R_20160223230408caa.jpg
普通の人はこちらへどうぞ!

呉海軍下士官兵集会所は、明治36年(1903年)に下士官・兵のための厚生施設として設置された。
当初は「呉海軍下士卒集会所」という名称だったが、大正10年(1921年)に「呉海軍下士官兵集会所」に改称された。
昭和11年(1936年)には、現在の、地上3階・地下1階・一部塔屋付きの鉄筋コンクリートの建物が完成した。
昭和31年以降は、海上自衛隊呉音楽隊や防衛庁共済組合の青山クラブとして使用されていたが、現在は不明。
何度か名称が変っている様で、昭和15年頃は海仁会呉下士官兵集会所と言われていたようだ
027C3060-7810-076C-E38B-D73364933642_R.jpg
当時の絵葉書
DSC07788_R_20160223232722503.jpg
パッと見は、現代建築と遜色は無く、遺構には見えない
DSC07789_R_2016022323272307b.jpg
絵葉書から見比べると、この辺の鎖の辺りは戦後の装飾のようだ
DSC07790_R_201602232327243dc.jpg
現在は海上自衛隊呉集会所となっている
DSC07791_R_20160223233631c1b.jpg
アルミサッシに変っているが、絵葉書と似たアングル
DSC07793_R_20160223233632de3.jpg
青山クラブ
DSC07794_R_20160223233633649.jpg
この辺の壁に食い込んでいる物は当時の柱だろう
DSC07796_R_20160223233636ee8.jpg
御影石で鎖も太い
DSC07797_R_20160223234430dcf.jpg
手前の鎖は半分ぐらいに細い
DSC07795_R.jpg
奥に見えるあの穴がすごく気になる・・・
DSC07799_R_20160223234351095.jpg
一応音楽隊の練習場みたいに活用しているようだった

呉 灰ヶ峰防空砲台

昭和17年の正月頃から防空砲台として機能を始めるが、3年式40口径8cm高角砲2門その他施設を順次増築して行く
昭和19年になると、8cm高角砲2門を撤去し、12.7cm連装高角砲2基に増強される
96式150cm探照灯1型陸上用が引渡し目録に載っている、これは戦艦大和に搭載された探照灯の陸上バージョン
広島最終日、もう後が無い状態で朝を迎えるも、天候は最悪であった、なんで3日の内2日も雨なんだろう・・・
DSC07739_R_20160222232249614.jpg
窓を開けて、己の運の無さを痛感しつつ雨の両城地区を眺める
DSC07741_R_20160222232250961.jpg
山に登るにつれ、いや~な予感がして来た
DSC07742_R_20160222232251be7.jpg
すでに下界は何にも見えない
DSC07743_R_20160222232252e87.jpg
ひたすら対向車すら来ない山道を灰ヶ峰へ登って行く
DSC07744_R_201602222322543da.jpg
灰ヶ峰公園として、夜景の絶景ポイントになっているそうだ
DSC07745_R_20160222233055eb6.jpg
所々に案内板が出ているので迷う事はないだろう
DSC07746_R_20160222233056143.jpg
元々軍道として整備された頃の名残の石垣と思われる
DSC07747_R_20160222233057c47.jpg
公園入り口に着くも、まだしばらく車で上る
DSC07749_R_20160222233059e8c.jpg
離合困難な山道を霧に包まれつつ登って行く(カメラで補正されているが、実際はもっと酷い)
DSC07750_R_2016022223310006a.jpg
切れ間から下を見ても、全く見えへん
DSC07751_R_2016022223411236a.jpg
ようやく山頂に到着、観光客など一人もいなかった
DSC07752_R_20160222234114be1.jpg
帰りに寄って見ようとか考えるが、やっぱり時間が足りず行けなかった所多数
DSC07753_R_20160222234114b3b.jpg
砲座である展望台へ向う
DSC07754_R_20160222234116722.jpg
砲座の高石垣
DSC07755_R_2016022223411880f.jpg
真下から見上げる、かなり無理して砲座を造っているようだ
DSC07756_R_20160223205947a97.jpg
外周に散策路が出来ている
DSC07757_R_20160223205949138.jpg
戦後、長い間に木が生えて、石垣の一部を侵食していた
DSC07758_R_20160223205950cb7.jpg
展望台の下部が砲座だが、コンクリートで埋められ、遺構らしさが無い
DSC07759_R_20160223205953e94.jpg
晴れていれば、絶景が見れたのだろう展望台
DSC07760_R_201602232059535e3.jpg
すぐ隣の気象レーダーすらも霞んで見える
DSC07761_R_20160223210638117.jpg
厳重に閉じられた門が二つ
DSC07762_R_2016022321063946a.jpg
左は在日米軍施設
DSC07763_R_20160223210640d40.jpg
右は先の気象レーダー
DSC07766_R_20160223210642adb.jpg
その脇の一角に、もう一つの砲座跡があるのだが
DSC07768_R_20160223210644d7b.jpg
残念ながら公園化の際に、駐車場を作る為に半分破壊されてしまったのだ
DSC07769_R_201602232212252ce.jpg
砲座の石垣の一部と
DSC07770_R_20160223221227e14.jpg
階段部分ぐらいしか、確認できなかった(天気と時期が最悪だった)
DSC07771_R_20160223221228eae.jpg
砲座を削って造った駐車場、レンタカーが一台だけ止まっている
DSC07772_R_201602232212294ab.jpg
霧がより一層深くなってきたので、撤収する
DSC07773_R_20160223221231272.jpg
時間と金があればまた行ってちゃんと見てみたいものだ
DSC07774_R_20160223221917c18.jpg
砲台へはここから登った方が早かった、目印にするといい

呉 潜水艦桟橋(海上自衛隊)

海上自衛隊の潜水艦の拠点となる定係港は横須賀と呉である、大量の潜水艦が見たければ、そこに行くしかない
潜水艦は神戸で造られており、三菱重工業神戸造船所か、川崎造船神戸工場という限られた造船所で建造されている。
sanaの部屋でちょっと神戸は紹介している。
潜水艦は隠密行動を行う艦種なので、船体には艦番号や艦名が書かれていない、完成後、引き渡しまでは番号が書いてあるが、消されてしまうのだ、したがって潜水艦の種類を見分けるのはセイルの形状や翼の位置などでしか、水面上では判らない

DSC07969_R_201606172124122e2.jpg
魚雷積み込み用クレーンから、潜水艦桟橋へ向かう
DSC07970_R_20160617212413fea.jpg
手前にある、表札を外された門柱がある
DSC07971_R_20160617212414260.jpg
軌条の残る旧潜水艦桟橋
DSC07972_R_20160617212416f20.jpg
潜水艦桟橋には今も潜水艦が良く似合う
DSC07973_R_20160617212417dff.jpg

DSC07974_R_201606172145378e1.jpg
横須賀では見かけない係留ブイ
DSC07975_R_20160617214539ce5.jpg
潜水艦桟橋の入り口、右の歩道橋は自衛隊庁舎から直接桟橋に渡るためのもの
DSC07976_R_201606172145390fd.jpg
左の門柱
DSC07977_R_20160617214541e09.jpg
右の門柱
DSC07978_R_201606172145438f6.jpg
防衛省広報板
DSC07979_R_201606172224594fa.jpg
潜水艦桟橋に泊まりきれない場合はこうなる
DSC07980_R_201606172225016ad.jpg
カッターボンドだろう
DSC07992_R_20160617222502da2.jpg
下に降りてみる
DSC07993_R_20160617222503d3d.jpg
ここから幾人もの海軍軍人が乗り降りしたのだろう
DSC07994_R_20160617222505de6.jpg
今度は晴れている時に来てみたい
DSC07981_R_20160617233305315.jpg
観光案内板があった
DSC07982_R_201606172333083c9.jpg
戦跡関係と行った所をピックアップしてみた
DSC07983_R_201606172333082c2.jpg
灰ヶ峰砲台
DSC07984_R_20160617233309b75.jpg
両城防空壕
DSC07985_R_201606172333111f0.jpg
行ってない
DSC07986_R_20160617235347499.jpg
本物の潜水艦の内部を一部見ることができる
DSC07987_R_20160617235349377.jpg
高烏台砲台
DSC07988_R_20160617235350ff5.jpg
ちょっと見つけずらかった、駐車場無いし
DSC07989_R_201606172353522d7.jpg
現在地
DSC07990_R_20160617235353728.jpg
DSC07991_R_20160618000054c61.jpg
島が多いので、様々な橋が楽しめる