FC2ブログ

千葉 館山 坂足の房の大山観測所(洲崎第一砲台)前編

DSC04178_R_2019012323344152f.jpg
正月探索から僅か2日後に、また千葉に探索に行く
DSC04179_R_201901232334433fa.jpg
いつもの駐車場のいつもの場所、そのぐらい通っている千葉
DSC04184_R_201901232334442db.jpg
早速上り始めるが、今回ネコさんは修行のため、20kgの加重を背負っての登山となる
DSC04185_R_20190123233446191.jpg
上り始めてすぐにコンクリート水槽がある
DSC04187_R_2019012323344895a.jpg
下の方では、祠状の小さな穴がいくつも点在する
DSC04188_R_20190123233448148.jpg
最初の分岐は左へ進む
DSC04189_R_201901232334501d1.jpg
加重組みの二人はキツソウだった
DSC04190_R_20190124230238640.jpg
かなりしっかりしたタコツボが残っている
DSC04192_R_20190124230239a18.jpg
塹壕を辿って行くと
DSC04194_R_20190124230241d88.jpg
タコツボ銃座にたどり着いたりする
DSC04198_R_20190124230242c72.jpg
埋もれている物もかなりあり、物凄い数のタコツボ陣地だ
DSC04201_R_20190124230243ec9.jpg
基本、直径1m深さも1m程度のようだ
DSC04203_R_20190124232815dcd.jpg
別れ道で地図を確認し、作戦を練りながら進む
DSC04205_R_20190124232816c0c.jpg
僅かに見える壕口を発見した
DSC04214_R_20190124232823bc1.jpg
ちょっとだけ広げてみる
DSC04207_R_201901242328184b8.jpg
内部はしっかりとした堀り方だ
DSC04209_R_20190124232819891.jpg
二段掘り?この規模では必要無いだろう。
DSC04211_R_20190124232820dfd.jpg
銃座の作成途中かもしれない
DSC04213_R_20190124232822b26.jpg
次回来た時は、もう開口していないかもな?
DSC04216_R_20190125233201541.jpg
尾根沿いには、これでもかと言うぐらいの蛸壺が有る
DSC04218_R_201901252332033fe.jpg
蛸壺の中には横に小さな穴が空いている物が多い
DSC04219_R_201901252332038d1.jpg
狭いが壕口を発見
DSC04220_R_20190125233206efa.jpg
入るとすぐに行き止まり
DSC04226_R_20190125233207e77.jpg
かと思ったら、横に立派な通路が伸びている
DSC04227_R_2019012523320866f.jpg
掘りかけなのか、妙な空間
DSC04228_R_20190125233209d34.jpg
小さな部屋、弾薬庫か?
DSC04229_R_201901252345267e6.jpg
通路の幅は1mぐらいある
DSC04230_R_2019012523452862a.jpg
安全が確認出来たので、メンバーを呼ぶ
DSC04233_R_20190125234530f38.jpg
再び奥に潜る
DSC04234_R_20190125234530288.jpg
しかし、どんどん狭くなる
DSC04237_R_20190125234532125.jpg
もはや無理だろ
DSC04242_R_2019012523453364f.jpg
最後は狸掘りのような終わり方
DSC04248_R_20190126214306e64.jpg
さて、脱出しよう
DSC04249_R_20190126214308ceb.jpg
DSC04250_R_2019012621430990e.jpg
DSC04252_R_20190126214311077.jpg
蛸壺、塹壕、入れ無そうな穴がそこら中に有る
DSC04256_R_20190126214314fb1.jpg
四角い穴に、丸く深く掘った縦坑がある、しかも横方向に伸びているようだ
DSC04255_R_20190126214311a50.jpg
パパさんが果敢に攻めるが、無理なようだ
DSC04260_R_2019012621585936b.jpg
蛸壺、いつか落ちるぞってぐらいに尾根沿いにゴロゴロある(ちなみに半分も記事に上げていない)
DSC04261_R_20190126215900470.jpg
壕口発見
DSC04262_R_20190126215901edc.jpg
ちょっと狭いが何とか入れる
DSC04263_R_20190126215902ceb.jpg
すぐ前にも蛸壺が
DSC04264_R_20190126215904259.jpg
ここにもポケットが掘ってある
DSC04266_R_20190126221711830.jpg
とりあえず地下壕に入ってみると、すぐに左に曲がる
DSC04267_R_201901262217139c7.jpg
すると、二段掘りの様に壕の高さが変わる、もちろんこの規模の壕に二段掘りは必要ない
DSC04268_R_20190126221714db4.jpg
あっさり突き当たり
DSC04269_R_20190126221715ae1.jpg
小森さんが一匹
DSC04272_R_20190126221716eea.jpg
総軍さんが内部図を作っている内に
DSC04273_R_201901262217193e1.jpg
ポケットのハッキリしている蛸壺を発見
DSC04274_R_2019012622171926b.jpg
なるほど、こうゆう事か!狭い蛸壺でしゃがんでいるのも疲れる、時にはこの中で寝る事もあるだろう
DSC04277_R_20190126221721c87.jpg
実際にやってみた
DSC04280_R_20190126221722f5c.jpg
パパさんの方が様になる
DSC04281_R_20190126221724573.jpg
スナイパーパパさん
1546738425703_R.jpg
さて、縦坑に戻り、ロープで降下を始める
1546771977879_R.jpg
この手の縦坑に付き物の、足場がここには掘られていない、腕の力のみで降りていく
1546771981398_R.jpg
地底に到着、約6m程だろうか
DSC04282_R_20190126225435013.jpg
見上げるとこんな感じである、即席の防空聴音壕にも感じる
DSC04284_R_20190126225436b96.jpg
早速横穴に進む
DSC04286_R_20190126225437842.jpg
これは狭い、1m20cmぐらいだろうか
DSC04288_R_20190126225438bb3.jpg
支保の木材が、腐って無くなった跡だろうか、鎹が纏まって落ちている
DSC04293_R_201901262254415fb.jpg
別の所にもある
DSC04294_R_20190126225442142.jpg
ほぼ真っ直ぐに壕は伸びていく
DSC04296_R_2019012623125883e.jpg
なんか動いた!デカイカエル
DSC04297_R_20190126231259653.jpg
灯りがあんなに遠くに見える
DSC04301_R_201901262313013fe.jpg
最終地点、掘削中に終戦を迎えたようだ。戻ろう
DSC04305_R_20190126231303880.jpg
出口だ
DSC04303_R_201901262313021cd.jpg
ロープだ
DSC04306_R_20190126231305404.jpg
カエルだ!ナニ食って生きてるんだろう?絶対上がれないぞこんな穴?でも十数匹はいた
DSC04307_R_20190129220009e24.jpg
地上に戻って少し歩くと、標柱が有った
DSC04309_R_201901292200118a6.jpg
裏面には「陸」の文字
DSC04310_R_2019012922001249c.jpg
表には「防一一」
DSC04311_R_20190129220013d50.jpg
付近にはコンクリート製の境界柱があった
DSC04312_R_201901292200157c3.jpg
山頂まで登ってきた
DSC04313_R_20190129220017bea.jpg
帰りは40分で帰れるらしい(登るのに2時間ぐらいかかってるけど)
DSC04314_R_20190129220018121.jpg
パパさんの目的の三角点制覇!

千葉 市原市鶴舞H神社用途不明壕

DSC04107_R_20190121212323543.jpg
この時点で18時近くになっていたが、アナリストに夜は関係ない、どうせ壕内は真っ暗だ!
DSC04108_R_20190121212325b8d.jpg
憑いて来いと言わんばかりに張り切るねこさん
DSC04109_R_20190121212327552.jpg
塹壕の中を総軍さんも憑いて行く
DSC04110_R_2019012121232704e.jpg
木々が倒れこみ、井戸状になってしまった入り口
DSC04111_R_20190121212329da2.jpg
木に伝わりながら降りて行く
DSC04112_R_201901212123302b4.jpg
壕口自体は崩落も無くしっかりしていた
DSC04115_R_201901212123312bc.jpg
入り口付近は丸かった天井が四角くなる
DSC04116_R_20190121220413fdb.jpg
ゆるい下り坂に沿って、根っこが生えて気色悪い
DSC04117_R_2019012122041467c.jpg
壁面も血管が浮いてるみたいだ
DSC04118_R_20190121220416623.jpg
ここからまた、一段と下降して行く
DSC04119_R_20190121220418ffd.jpg
うっすら階段が見える、雨の流入等で埋もれているのだろう
DSC04126_R_201901212204203e5.jpg
ひたすら真っ直ぐ地下に向かって下っていく
DSC04123_R_201901212204184e8.jpg
天井に小森さんが増えてきた
DSC04127_R_20190121222534889.jpg
もこもこの塊
DSC04128_R_2019012122253684e.jpg
冬眠中だが、プルプル動いているのがカワイイ
DSC04129_R_20190121222536e38.jpg
右側にホッソイ隙間がある
DSC04132_R_20190121222539cd5.jpg
左側に何かある
DSC04133_R_2019012122254032b.jpg
筒状の穴が縦に空けてある
DSC04135_R_201901212225423c3.jpg
地上まで延びていたのだろう、通信筒の穴か、シンプルに伝声管か?
DSC04139_R_201901212302172ae.jpg
通路に戻る、ここで若干左に曲がる
DSC04142_R_20190121230217022.jpg
そしてまた、急激に下る
DSC04144_R_20190121230220142.jpg
この辺には支保の丸太が数本残っていた
DSC04145_R_201901212302200b3.jpg
落っこちる様な下り階段を降りて行く
DSC04146_R_20190121230222b98.jpg
下の方の階段は埋没している
DSC04148_R_20190121230223db0.jpg
とても綺麗な通路だ
DSC04152_R_201901212335196a6.jpg
左側に部屋があった、この壕唯一の部屋らしい部屋だ
DSC04154_R_2019012123352266e.jpg
部屋の右側にも小部屋が掘られていた
DSC04155_R_2019012123352400d.jpg
この辺りに来ると、水が染み出してくる
DSC04157_R_20190121233526983.jpg
すごくくっきりとした、通路の変わり方
DSC04158_R_20190122224511ba8.jpg
狭くなったのに、小森さんはいっぱいいらっしゃる
DSC04161_R_20190122224512baf.jpg
電気配線でもあったのだろうか?
DSC04163_R_20190122224513b8c.jpg
最後の通路は水没だった
DSC04165_R_201901222245163f9.jpg
両側の壁沿いが比較的浅かったので、長靴の限界まで行ってみた
DSC04164_R_20190122224515dab.jpg
しかしこれ以上はアウトだった、何となく開口していそうな感じに見える
DSC04170_R_20190122224519de0.jpg
入った事のある二人は手前で待っていた
DSC04171_R_201901222245204e1.jpg
結果的に殆ど一本道の壕であったが、10数m以上の高低差を有していた
DSC04176_R_2019012222452178b.jpg
お正月の神社は、昼夜人がいるようだ、こっそりとお暇する

千葉 市原市鶴舞147師団司令部壕

DSC04005_R.jpg
鶴舞に着いたのは、17時直前だった
DSC04009_R_20190120203050160.jpg
ネコさんと総軍さんは既に入った事があるので、サクサク夜の斜面を降りて行く
DSC04012_R_20190120203051231.jpg
近くに民家もあったりするので、えらい迂回コースで谷底に降りて行く
DSC04015_R_20190120203053945.jpg
これが壕口だが、良くも見つけられたものだ
DSC04018_R_20190120203055910.jpg
半分埋まった壕口に滑り込んで行く
DSC04020_R_20190120203055f73.jpg
入るといきなり下り坂だ
DSC04021_R_20190120204308734.jpg
足場の悪い下り坂を30mほど下りていく
DSC04023_R_20190120204310b40.jpg
左の岐路に向かう
DSC04025_R_20190120204310c48.jpg
数mで爆風よけがあり、右にクランクする
DSC04026_R_20190120204312221.jpg
ゆるく曲がった長い通路
DSC04029_R_20190120205912058.jpg
地層の狭間から、柔らかい土が染み出して来ている
DSC04030_R_201901202059134dd.jpg
煤の付いた灯り置きが実際に使われていた事を物語る、左側に部屋がある
DSC04031_R_20190120205914a6e.jpg
かなり湿度があり、居住性は悪そうだ
DSC04033_R_201901202059155e7.jpg
通路に戻る、この壕は全体を通してグチャグチャに湿っている
DSC04034_R_20190120205917be4.jpg
左側に部屋が点在する
DSC04035_R_20190120205919ad2.jpg
四角い部屋、通路床面より、10cmほど高くなっているが、それでも床は湿っている
DSC04036_R_20190120205920e23.jpg
通路の振り返り写真
DSC04046_R_20190120211804589.jpg
次の左側の部屋
DSC04052_R_20190120211806c61.jpg
少し狭目の部屋
DSC04053_R_201901202118067cc.jpg
壁の灯り置きの煤煙跡
DSC04054_R_2019012021180835a.jpg
今度は右に部屋が見える
DSC04057_R_201901202147478b5.jpg
部屋の形はだいたい一緒な感じ
DSC04061_R_20190120214748a57.jpg
通路を進むと変形T字にぶつかる
DSC04064_R_20190120214749351.jpg
天井にランプを吊るす針金が残る
DSC04066_R_20190120214751075.jpg
左側は行き止まり
DSC04067_R_20190120214752615.jpg
行き止まり側からT字右側の通路(左方向)を見る
DSC04069_R_201901202147541a4.jpg
また長い通路が延びる
DSC04070_R_20190120214755716.jpg
左側に20cmほど高くなった部屋
DSC04071_R_2019012022021993b.jpg
室内は変わらないが
DSC04072_R_201901202202211fa.jpg
床が高くなった分、室内の高さも通路より上げてある(室内から通路方向)
DSC04074_R_201901202202215bd.jpg
通路に戻る
DSC04076_R_20190120220223a9e.jpg
小動物の骨が散らばる
DSC04077_R_20190120220225d91.jpg
道が左右に分かれる
DSC04079_R_201901202202278b5.jpg
左の壁に、灯り置きがある
DSC04080_R_20190120221501b00.jpg
ここからは泥濘との戦いだ
DSC04081_R_201901202215035b6.jpg
何とか曲がり角までは行ったが、これ以上は水没であかん。方向的に開口部だったで有ろう
DSC04082_R_201901202215034a0.jpg
今はこの通りの水の底?って事は下っているのかな、この通路
DSC04083_R_201901202215050c0.jpg
壁に犬釘が刺さっているのは珍しい
DSC04091_R_201901202215063f4.jpg
遊んでいたら、総軍さんも泥濘チャレンジ
DSC04097_R_20190120221509abb.jpg
足が抜けなくなり、ここでリタイア
DSC04099_R_20190120222709719.jpg
残る反対側の通路に進む
DSC04100_R_20190120222711dd5.jpg
この辺には側溝があり、水が引く
DSC04101_R_201901202227122ef.jpg
壁の灯り置き
DSC04103_R_20190120222713a91.jpg
最初の分岐に戻ってきた、ぐるっと円形に回ってきた感じだ
DSC04104_R_20190120222714e10.jpg
後はまた降りてきた分登るだけ
DSC04105_R_201901202227179a5.jpg
結局出入り出来るのは、ここ一ヶ所だけだった
DSC04106_R_201901202227194d8.jpg
探索を終え、身支度をしたらまた降りてきた道までよじ登らなければならないが、真っ暗である

千葉 勝浦市墨名MG陣地後編

DSC03940_R_201901192301061ad.jpg
昼飯後、軽く腹ごなしに山を登る
DSC03941_R_201901192301072b0.jpg
見つけたトレンチ等を案内しながら登って行くと、
DSC03943_R_2019011923010842b.jpg
他にも壕口が幾つも開いている
DSC03944_R_20190119230110862.jpg
めっちゃ入り口が四角い
DSC03945_R_20190119230111890.jpg
数mで通路は半分の幅になる
DSC03947_R_201901192301127e4.jpg
奥に広い空間が見える
DSC03948_R_201901192301148e8.jpg
ほんとに広かった3X10ぐらいの部屋
DSC03950_R_20190119230116f0e.jpg
地表側に二つの穴が空いているが、現在開口していない
DSC03954_R_201901192319500ff.jpg
右の穴を覗くと、パイプが見える
DSC03956_R_20190119231951fb7.jpg
左の穴には継ぎ手のあるパイプが!どうやら土管のようだが何だろう?
DSC03958_R_2019011923195229e.jpg
他に見るものが無いので脱出する
DSC03961_R_201901192336139f8.jpg
外側からは二つの穴は、判らなかった
DSC03962_R_201901192336148c5.jpg
次の壕口に向かう
DSC03964_R_20190119233615f17.jpg
入り口の形状は同じ
DSC03967_R_20190119233617c0b.jpg
また、部屋が有って、今度は爆風よけもある
DSC03968_R_20190119233619cd1.jpg
左を見ると、20m以上の広さの部屋
DSC03970_R_201901192336192ad.jpg
支保の木材だろう
DSC03972_R_20190119233621104.jpg
振り向いた写真右手が入ってきた方向
DSC03973_R_20190119233623d3e.jpg
左が爆風よけ、若干浅い
DSC03974_R_20190119233624149.jpg
最深部右側にある、別の出入り口は埋まっていた
DSC03976_R_201901192336258f4.jpg
兵員生息壕だろうか?ここまで大きな部屋は、陣地ではあまり無い
DSC03978_R_20190119233626391.jpg
さて、出よう
DSC03983_R_20190120000109325.jpg
次の壕口はデカイ
DSC03985_R_2019012000011120d.jpg
この部分は似ているが
DSC03987_R_201901200001126e8.jpg
爆風よけをへて、左に曲がると
DSC03988_R_20190120000114d52.jpg
更に右にクランクする
DSC03989_R_201901200001159aa.jpg
そしてやっと部屋になる
DSC03991_R_20190120000116d6e.jpg
さっきと同じ規模の大きさだ
DSC03992_R_2019012000011782a.jpg
支保の坑木らしきものが、ここにもある
DSC03994_R_20190120182620403.jpg
深部は若干掘りかけの様な丸みを帯びているので、先の壕の様にここにも出入り口を予定していたと思われる
DSC03995_R_2019012018262294d.jpg
振り返った壕内、入るだけなら100人は入れそうだ
DSC03996_R_20190120182623a48.jpg
出口へ
DSC03997_R_20190120182624bb5.jpg
一番上部にある、最初に見た機銃陣地に向かう
DSC03998_R_20190120182627205.jpg
人物比総軍さん
DSC04001_R_20190120182627065.jpg
DSC04003_R_20190120182629bf0.jpg
全て四角に掘る珍しい陣地群だった
DSC03959_R_2019012018400366e.jpg
外から見た銃眼
DSC04004_R_201901201826304c0.jpg
今回見つけたのは機銃陣地2つと、掩蔽部2つ、蛸壺、露天銃座多数、露天監視所、トレンチ塹壕と盛りだくさんだった

千葉 勝浦の官軍塚(勝浦特設見張所)、墨名MG陣地前編

DSC03795_R_201901152331589b3.jpg
御宿の探索を終え、勝浦に向かう
DSC03796_R_20190115233200f03.jpg
途中で穴を見つけてしまうと、寄りたくなるのが人のサガ
DSC03797_R_20190115233200236.jpg
人がやっと通れる程度の穴だが、床の具合からしてハズレな事は判っていた
DSC03802_R_2019011523320388e.jpg
反対側に出た
DSC03804_R_20190115233204e6a.jpg
予想道理の水の道であった
DSC03805_R_20190115233206633.jpg
いすみの線を過ぎる頃
DSC03807_R_201901152332089d2.jpg
ねこさんが気になる穴が有ると見に行った
DSC03806_R_20190115233206070.jpg
しかし、ちょっと入れる透き間ではなく、車通りも多く覗くだけにした
DSC03809_R_20190115233211f48.jpg
おそらく隣にあるこの穴とU字に繋がった民間防空壕だろう
DSC03811_R_20190115234216998.jpg
外房まで出て来た
DSC03812_R_201901152342181af.jpg
総軍さんの希望で官軍塚に寄る事にした
DSC03815_R_20190115234218598.jpg
公園内を登って行く
DSC03821_R_201901152342230c4.jpg
どうやらこの土台が電探の基礎らしい
DSC03819_R_20190115234220d70.jpg
沿岸警備陣地との一文もあるので、可能性はあるだろう
DSC03822_R_20190115235604459.jpg
ネコさんが展望台で一人ポチポチしている
DSC03834_R_20190115235606007.jpg
ここからの眺めは良い、きっとかみさんに写真でも送っていたのだろう
DSC03824_R_20190115235605f20.jpg
ふと見ると、標柱が立っている
DSC03837_R_201901152356082cc.jpg
上部に波二本の海軍標柱だった
DSC03840_R_20190115235609a86.jpg
少し離れた所には、海軍用地の標柱も発見
DSC03844_R_20190116000051007.jpg
新規発見もあり、満足の行く立ち寄りだった
DSC03845_R_20190116231914337.jpg
勝浦の墨名地区にネコさんがMG陣地を見つけていた
DSC03846_R_20190116231915847.jpg
こちらは埋もれた銃眼部
DSC03847_R_2019011623191701d.jpg
一応開口しているが、来年まだ開いてるかは微妙だ
DSC03848_R_20190116231919bc9.jpg
もう一つの入り口
DSC03852_R_201901162319202e6.jpg
これもどうやら銃室のようだ
DSC03853_R_20190116233737de0.jpg
銃眼と言うより、砲室と言った方が良さそうな
DSC03856_R_2019011623373968f.jpg
ゆるく右に曲がる通路
DSC03857_R_20190116233740ec6.jpg
T字にぶつかる
DSC03859_R_20190116233742271.jpg
まず右に行く
DSC03860_R_20190116233742581.jpg
水没の部屋のようだ
DSC03861_R_201901162337443ab.jpg
足元に鎹が落ちている
DSC03862_R_20190116234425f1e.jpg
これ以上は深くて進めないが、銃眼から灯りが見える
DSC03866_R_201901162344275b2.jpg
土砂止めなのか、二本の木材が刺さっている
DSC03878_R_20190116234427e2d.jpg
こんなに深く掘り下げた意味はなんだろう?
DSC03883_R_2019011722411520c.jpg
T字に戻って反対側に進む
DSC03887_R_20190117224117825.jpg
すぐ右側に岐路がある
DSC03888_R_201901172241184e3.jpg
水没しているが、弾薬庫だろう
DSC03889_R_20190117224120172.jpg
弾薬庫から出ると、先に外光が見える
DSC03892_R_201901172241204f1.jpg
開口部と右に岐路がある
DSC03897_R_20190117224122236.jpg
右も開口部だが、埋まっていない
DSC03900_R_20190117224124ee3.jpg
振り返ると、爆風よけもある
DSC03901_R_20190117230045bc2.jpg
外から見た壕口
DSC03902_R_201901172300461c4.jpg
隣の開口部だが、銃眼のようだ
DSC03908_R_20190117230048312.jpg
そのまま山頂付近に登ると、観測所と思われる窪みがある
DSC03910_R_2019011723004835f.jpg
その近くにある塹壕付き(左側)露天機銃座
DSC03913_R_201901172300502cd.jpg
トレンチ壕
DSC03914_R_20190117233153689.jpg
そこら中に陣地の形跡がある
DSC03915_R_201901172331544a8.jpg
あそこに気になる窪みが見えるので、斜面を降りる
DSC03916_R_20190117233157576.jpg
あった、地下壕だ!
DSC03917_R_20190117233157c6e.jpg
かなりしっかりした壕口だ
DSC03918_R_201901172331592d8.jpg
入ってすぐ左に曲がる
DSC03920_R_201901172332001ed.jpg
さらにすぐ右へ
DSC03922_R_201901172344032e6.jpg
T字にぶつかる
DSC03923_R_20190117234405430.jpg
右は1m
DSC03925_R_20190117234406301.jpg
左は少し伸びて、部屋になる
DSC03926_R_2019011723440711a.jpg
銃眼だ!
DSC03930_R_201901172344106d2.jpg
銃眼から見た外だが、さっぱりわからん、一応道路がちらっと見える
DSC03927_R_20190117234408273.jpg
振り返ると四角い立派な部屋だとわかる
DSC03932_R_201901172349082c6.jpg
一旦外に出て銃眼を探す
DSC03933_R_20190117234910252.jpg
外から見た銃眼
DSC03935_R_20190117234910dfd.jpg
他にも蛸壺は幾つかあった
DSC03938_R_20190117234912f4f.jpg
下に下りて行くと、すでに肉が焼けていた
DSC03939_R_201901172349156d6.jpg
この日のノルマは3人でヤキトリ40本だったが何とかクリアした。